JBLのカーオーディオシリーズ「CLUB」に、6種類の新作スピーカーが登場

コラム Clicccar

ハーマンインターナショナルは、カリフォルニア発祥で世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、カーアフターマーケット向けオートモーティブスピーカー「CLUB」シリーズの新作スピーカー6種類を、2020年4月10日から順次発売すると発表しました。なお、「CLUB 622」は5月中旬の予定になっています。

JBLのオートモーティブスピーカー「CLUB」シリーズに、6種類のスピーカーが登場

「JBL Club」スピーカーシリーズは、JBLが誇る音響設計のノウハウが投入され、車内でも力強く音抜けがいいJBLサウンドを体感できるそう。JBLカーオーディオのエントリーシリーズながらも、クリアでなめらかな高音、力強い低音再生を実現。

ミドルクラスの「Stadium GTO」シリーズでも採用されている、「エッジ駆動型のシルクドームツイーター」、カスタムチューニングが可能な「プッシュ式ツィターレベルコントロール」、ダッシュボードの上に手軽に設置できるツィーターPodが新たに採用(CLUB 602CTPのみ)されています。これにより、より滑らかな高域再生を実現可能にするとしています。

JBLの「CLUB 322F」

トピックスは、JBLの特許取得である「Plus One」テクノロジー採用のポリプロピレン・コーンウーファーの搭載。「Plus One」テクノロジー、大型ロール・ラバーエッジが採用され、振動板には、紫外線耐性を施したポリプロピレンが使われています。車内環境の厳しい熱と湿度に耐えながら、クリーンで非共振の音質を提供できるのが特徴です。

JBLの「CLUB 422F」

また、先述したエッジ駆動型シルクドームツイーターの搭載により、さらに滑らかな高域再生を実現。ほかにも、プッシュ式ツィターレベルコントロール(+0dBフラットおよび+3dB)も用意されていて、簡単なカスタムチューニングが可能。

ツイーターPodは、ダッシュボードの上に手軽に設置ができる取付キットが追加され、アングル式で好みの音に合わせるように調整が可能(「CLUB 602CTP」のみ) 。さらに、特許の「I-MountTM」ツイーター取り付けシステムにより、各コンポーネントシステムに簡単に取り付けることが可能。

フラッシュカップと表面実装の取り付けが同梱されていて、ツイーターを同じ高さに取り付けることができるほか、最大±40度まで傾けることができるため、純正取付位置に取付け可能になっています。価格帯は9000円〜2万円(税別)です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ