祝・生誕50周年・ジムニー全4世代ヒストリー No.1 〜プロローグ〜

コラム Clicccar

 

まったく、2018年7月5日の新型4代目ジムニー&シエラ発表から2年弱経つというのに、世の新型ジムニー熱が冷める気配は一向にない。

かつてのセダン、いまなら軽自動車やミニバンのように、いつの時代も市場シェアを大きく占めるカテゴリーのクルマではないため、もともとの生産計画台数は抑えられている。

そこへ想定外(?)の注文数が殺到したものだからメーカーも途中で増産体制を採ったが、海外向けに多く回す都合もあって、なかなか国内ユーザーに届く時間は縮まらないようだ。

とにかく前評判から発表・発売、そしていまに至るまでの数年越しで、これほど話題が沈静化しない例はめずらしい。

クルマが売れない、いまのクルマはつまらないといわれるようになってだいぶ経つが、久々にクルマ界を明るくしている4代目ジムニーである。

それはさておき、この3月3日はジムニー50回目の誕生日だった。

その12日後の3月15日はスズキ創業100周年の日で、2020年3月は、「50年」「100年」という切りのいい数字が並ぶ、スズキにとってはダブルアニバーサリーの月だった。

そこでジムニー生誕50周年を勝手に記念し、ここで全4世代ジムニーをあらためてご紹介していこうと思う。

今回はそのプロローグ。

まずは全4世代の概要だけをお見せしよう。

 

 

■初代ジムニー 1970(昭和45)年〜  LJ10/LJ20/SJ10  1970(昭和45)年3月3日発表、翌4月10日発売。  当初、スズキキャリイに載せていた空冷2気筒・2サイクルの360ccエンジンでスタート。

 

■2代目ジムニー 1981(昭和56)年〜  SJ30/JA71/JA11/JA12/JA22  1981(昭和56)年4月27日発表、翌5月1日発売。  初代登場から11年を経て初のモデルチェンジ。

 

■3代目ジムニー 1998(平成10)年〜  JB23  サイクルは11年どころか、さらに長引いた17年ぶりのモデルチェンジで3代目へ。  発表・発売は1998(平成10)年10月7日だが、実はその9か月前の1月7日、普通車版のジムニーワイドが先行発進している。

 

 

■4代目現行型ジムニー 2018(平成30)年〜  JB64  3代目JB23からほぼきっかり20年を経て2018年7月5日にモデルチェンジ。  軽モデルと普通車モデルが同時発表された、初のジムニーでもある。

 

 

 

次回、初代ジムニーLJ/SJを紹介していきます。

(第2回につづく)

 

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ