トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」に、5年・7年プランが追加

コラム Clicccar

トヨタは、サブスクリプションサービスの「KINTO ONE」に、5月8日から新たに5年・7年プランを追加するとともに、オプションパッケージを拡充すると発表しました。新車の所有期間が年々延びる中、時代に合ったプランの追加といえそうです。

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」

以前お伝えしたように、「KINTO ONE」は頭金が不要で、車両代や任意保険(車両保険含む)、自動車税、登録諸費用、車両のメンテナンスがパッケージ化された月額定額サービス。とくに、月額料金に任意保険も含まれているため、若年層の顧客などでもなど契約しやすく、セカンドカーなど、追加で購入を検討中の人に魅力的な内容になっています。

また、店頭だけでなくWEBで申し込みから契約まで完結することも可能で、新型コロナウィルスにより外出を控えている中でもクルマ選びができます。

従来の「KINTO ONE」に5年・7年プランを追加(レクサスをのぞく)することで、より始めやすい月額料金になっています。たとえば、新型ヤリスは3年プランで月額39,930円〜、5年プランは月額37,070円〜、7年プランは月額34,760円〜となっています。

トヨタ・ヤリス

さらに、3年プランは契約から1年半後、5年/7年プランは契約から3年後以降、「のりかえGO」を使うことで契約期間中でも新たなクルマに乗り換え可能になり、より柔軟な愛車選びが可能。中途解約時の解約金よりもリーズナブルな手数料を支払うことで乗り換えが可能になります。

なお、乗り換え対象月以外で乗り換えを希望する場合は、規定の中途解約金を支払い新たに契約を結ぶことで、乗り換えることができます。

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」

また、「KINTO ONE」3年プランは、従来から設定されているメンテナンス内容にタイヤ交換を追加。5年・7年プランは、3年プラン同様のメンテナンス内容に加え、トヨタ販売店での車検も含めた月額利用サービスになっています。

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」

さらに、従来のオプションパッケージに加え、ディスプレイオーディオが搭載された「ディスプレイオーディオ(スマホ連携)パッケージ」、人気装備が揃った「KINTOフルパッケージ」が追加されています。

なお、2020年の1月以降、「KINTO ONE」のラインアップに16車種(トヨタ、レクサス)が追加され、さらに法人受付も開始されたことなどにより、申し込み累計実績は3,150件となっているそうです(20年3月末時点)。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ