新型コロナウィルスの影響か?SUVの人気モデル旧型ハリアー中古車相場がモデルチェンジ前に大変化!【中古車】

コラム Clicccar

2020年4月13日、国産SUVの中でも抜群のブランド力を誇る人気モデル、トヨタハリアーが約6年半振りにフルモデルチェンジを行いました。

新型ハリアーのフロントスタイル

新型ハリアーはクルマの骨格となるプラットフォームにTNGAプラットフォーム(GA-K)を採用し、ボディの高剛性化・低重心化を実現。ワイド&ローの外観デザインは流麗なクーペフォルムを採用しました。搭載されているパワートレインは先代に設定されていたターボエンジンは廃止され、高熱効率の2.5L直4ダイナミックフォースエンジン+モーターのハイブリッド。そして2L直4ダイナミックフォースエンジンの2種類。駆動方式は全車に2WD(FF)と4WDが用意されています。

旧型ハリアーのフロントスタイル

フルモデルチェンジを行うと、活発に動くのが中古車相場。そこで、早速旧型となったハリアーの中古車事情を調べてみました。現在、旧型ハリアーの中古車の流通台数は約2790台。2020年1月の時点では約2900台あったので、緩やかな減少傾向となっています。

旧型ハリアーのリアスタイル

流通している中古車の走行距離は3カ月前の時点が約2万9000kmで、今月もほぼ同じ約2万9000kmと横這いで推移しています。そして注目は平均価格の推移です。3カ月前の2020年1月の時点では約273万円でした。その後2月の中旬までは横這いで推移していたのですが、コロナウィルスの感染が拡大した3月上旬から値落ち傾向となり現在は約260万円まで値落ちしています。

通常、3月は1年を通じて中古車が最も売れる大需要期。ハリアーほどの人気車ならば、最低でも横這いで値上がりしていても不思議ではないのですが、わずか2カ月で13万円の値落ちを記録しています。

旧型ハリアーのインパネ

1年前の2019年5月時点の平均価格が約275.9万円でしたから、多少の上げ下げはあったものの2020年1月までわずか2万円の値落ちで収まっていたのにも関わらず、3月から4月にかけて13万円の値落ちはハリアーとしては暴落とも言える値落ちとなっています。

流通している中古車をより詳しく見てみると、2019年〜2020年式。そして走行距離500km以下といういわゆる「おろしたて中古車」が約400台も流通しています。にもかかわらず平均価格が値落ちしているというのですから、ユーザーの買い控えがハッキリと表れています。

新型では設定されていない2Lターボエンジン

グレード構成は2Lガソリン車のプレミアム2WD車が約765台と最も多く、次いでエントリーグレードの2.0エレガンス2WD車が約562台とこの2グレードで中古車の半数近くを占めています。一方、ハイブリッドもプレミアムアドバンスパッケージが約144台。2017年のマイナーチェンジで登場したターボ車はプレミアムの約53台となっています。

旧型ハリアーのリアシート

コロナウィルスの影響がどれくらい続くのかわかりませんが、ユーザーの購入意欲が向上しなければ、需要と供給によって価格が形成される中古車はハリアーに限らず値落ち、最悪は暴落とも言える値動きとなる可能性があります。今後の中古車相場の動きを厳しくチェックしていく必要があります。

(文:萩原文博・写真:トヨタ自動車)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ