ホンダが新型コロナウィルス感染者移送用車両(仕立て車)をオデッセイ、ステップワゴンなどのカスタマイズで提供

コラム Clicccar

日本のみならず世界中で自動車業界をあげての新型コロナウィルス対策が進んでいます。ホンダは、新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動として、2020年4月13日に、港区、渋谷区に「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」を提供しています。

ホンダが仕立てた感染者を搬送するための車両

提供される車種は、ミニバンのオデッセイやステップワゴンなどで、搬送時の感染リスクを削減するため運転席と後席に仕切りが設置されています。前後席間の圧力差を利用して、飛沫感染を抑制する構造になっているそう。埼玉製作所(狭山工場)を皮切りに、国内事業所で生産が予定されています。今後は、都内の感染者の多いエリアから納車が予定されています。

ホンダの感染者を搬送するための車両は、前後席間の圧力差を利用して、飛沫感染を抑制する構造になっている

また、2020年5月末までに、医療現場でのニーズが高い「フェイスシールド」の生産を開始し、人工呼吸器も生産支援を視野に引続き検討。「フェイスシールド」は、ものづくりセンター栃木、鈴鹿などの国内事業所で生産され、医療現場への無償提供が予定されています。

ホンダは、刻々と状況が変化する中、最前線で戦っておられる方に敬意を表すると共に、1日も早い収束を願い、同社としてできることに一つひとつ取り組んでいくとしています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】
本田技研工業株式会社 https://www.honda.co.jp/
当該記事ニュースリリース https://www.honda.co.jp/news/2020/c200414.html
本田技研工業新型コロナウイルスに伴う対応について https://www.honda.co.jp/info/20200228.html

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ