ダイハツ・TAFT(タフト)の情報をWebサイトで追加公開。スズキ・ハスラーの対抗馬の概要は?【新車】

コラム Clicccar

2020年4月1日から先行予約が開始されているダイハツの新型クロスオーバー「タフト(TAFT)」。新型コロナウイルスの影響により発売予定が変更となる場合があるそうですが、2020年6月に発売予定の「タフト(TAFT)」に関する情報を、4月20日にWebサイトで追加公開しました。

ダイハツ・タフ(TAFT)の外観

ダイハツ・タフトは、“Tough & Almighty Fun Tool”をコンセプトに掲げ「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる相棒」を目指して開発中のSUVのクロスオーバータイプ。ライバルはやはりスズキ・ハスラーが浮かびます。

主な特徴は、タフさ・力強さを表現した「デザイン」。広大な視界による開放感と非日常感をもたらす「スカイフィールトップ」。日常からレジャーまでアレンジ自在「フレキシブルスペース」。DNGAによる、確かな「基本・安全性能」「良品廉価」。

大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車に標準装備

新型タフトは、前席上に設置された大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」が全車に標準装備され、広大な視界による開放感と非日常感を実現したそうで、ライバルと異なったキャビンが特徴です。

ワクワク感が表現されたデザインが特徴のフロントシート

また、丈夫で軽く、出かける際に動きやすいバックパックを背負う人の姿をイメージしたという、新発想のパッケージングコンセプト「Backpackスタイル」を採用。

タフトのリヤシート

フロントシートは、ワクワク感が表現されたデザインと多彩なポケッテリアが特徴の「クルースペース」、リヤは自由自在にアレンジ可能なリヤシートとラゲッジスペースによる日常からレジャーまで活躍できる「フレキシブルスペース」と分けることで、アクティブに活動できる軽快さと高い積載性を両立したとしています。

ダイハツ・タフトのラゲッジ

さらに、ボディカラーは、新色のアースカラー3色を含む全9色が用意されています。走りの面でもDNGA新プラットフォームにより、フラットな乗り心地と高い操縦安定性、軽快な加速感など、高い基本性能を実現したとしています。

ダイハツ・タフトの荷室拡大時

ダイハツは、タントなどの軽自動車のヒットモデルを数多くリリースしてきた一方で、軽最大級を誇るウェイクが販売台数で苦戦(2020年3月は上位15位ランク外)しているという指摘もあります。ダイハツにはキャスト・アクティバもありましたが、いまではキャスト(スタイル)のみになっています。

ボディカラーは全9色を用意

タフトの投入により、スズキ・ハスラーに対抗し、一大ブームになっているキャンプなどのレジャーニーズを取り込めるか注目です。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

ダイハツ・タフト ティザーサイト
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/special/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ