国交省自動車局11人感染でよくわかった建物換気の重要性!自動車行政への影響は?

コラム Clicccar

国土交通省自動車局で新型コロナウイルスの感染が広がっています。局内の感染者は11人(5月1日現在)。4月20日に最初の感染者が明らかになって以来、ほぼ1日1人のペースで増え続けました。

感染者だけでなく、同じフロアーの執務室で仕事をする職員も健康観察のための自宅待機を余儀なくされ、自動車行政の司令塔の機能不全が心配されます。

新型コロナウイルス感染拡大で11人の陽性者が出た国土交通省

「本省業務の執行体制を確保しながら、必要な行政機能を維持しております。現在こうしたことが何か支障を生じているとは認識しておりません」

5月1日の閣議後会見で赤羽一嘉国土交通相は職員の感染による業務への影響を否定しました。これまでの経緯について、自動車局はこう話します。

「最初に感染した職員は8日から発熱があり、それ以降出勤せず、20日に感染がわかりました。この間、非常事態宣言を受けた国交省は出勤者の7割削減を目標に在宅勤務や複数チームでの交代制勤務を進めてきました。職員のほとんどは在宅になっているため、(感染拡大の)流れは断ち切れると思います」

自動車局は地方支局と違って直接、利用者と向き合うことはまれです。ただ製造や整備の基準を定めるほか、旅客や貨物の運送事業の監督を担い、広く自動車関連産業に影響を与えます。

新型コロナ感染拡大に伴い、例えば整備では検査・登録手続きの延長を決め、旅客では顧客が急減した貸切バスやタクシー事業者の新たな対応を打ち出すなどしてきました。緊急事態宣言の延長が検討されるなど刻々と変わる状況で、差し迫った対応を求められる案件が山積みです。

これらについて、赤羽国交相は不安を打ち消そうとしました。

「関係する事業者や団体へのテレワーク時の連絡先の周知、電話の自動転送など、通常業務への支障を極力回避するとともに、省内ネットワークへのアクセス改善を含め、テレワーク環境の抜本的な見直しを計画的に進めています。こうした取り組みを加速することで、本省業務の執行体制を確保しながら、必要な行政機能を維持している」

自動車局の感染は20日に1人、23日に3人、24日に3人、25日と26日に各1人、20日に2人と続きました。年齢は40代の1人を除き、いずれも20〜30代の若手職員で、重症者はいません。

しかし、千代田保健所は最初の感染者と4例目の感染者が濃厚接触者であると認定した以外、他の感染者の感染経路などは判明していません。すべての感染者が「机を並べていた職員というわけでもない」(大臣官房福利厚生課課)ともいいます。

「本省業務の執行体制を確保しながら、必要な行政機能を維持しております。現在こうしたことが何か支障を生じているとは認識しておりません」と、感染の影響を否定する赤羽国交相

幹部職員の1人はこうつぶやきました。

「国会対応などで忙しく、その後も営業自粛などで外食などもできないこの時期になって、なぜ広がったのだろう」

感染者が見つかった自動車局のフロアーは、数人が集ういわゆる小部屋ではありません。感染も複数の課に及んでいます。そんな中でも千代田保健所に指摘されたのは、“建物の換気”でした。

感染の原因は「3密」にあるとは、すでに知られていることです。その1つの「密閉」状態は部屋の広さだけでなく、換気の状態が大きく関係するようです。換気の状態が問題になるのは、スナックが軒を並べるレジャービルだけではないようです。

新型コロナウィルス厚生労働省対策本部はこんな換気方法を呼びかけています。

3つの密の密閉空間はオフィスビルにもある

「換気回数を毎時2回以上(30分に1回以上、数分間程度、窓を全開にする)とすること。空気の流れを作るため、複数の窓がある場合、二方向の壁の窓を開放すること」

千代田保健所の担当者は、一般論としてオフィスビルの換気方法をこう説明します。

「換気は、人の呼気から出る二酸化炭素濃度を目安にすることができます。複数の測定か所で1000ppmを超えなければ、空気の状態は悪くないと考えらます」

測定器は1万円未満でも購入できますが、オフィスでのもう1つの問題は窓があかないことです。

「この場合はドアを開放し、サーキュレーター回す。換気扇を取り付けるなどの方法で空気の流れを作ることも一つです。その場合に気をつけなければならないのは、空気の入口と出口の距離を部屋の対角線になるようにできるだけ離して、換気口と換気扇近くの限られた場所だけが換気されるショートサーキットを作らないことです。測定では二酸化炭素濃度が上がらなくても、空気のよどみができて感染予防に役立ちません」

最初の発生から同省は、自動車局のあるフロアーの全ての執務室の消毒を実施。それ以外にロッカーや各職場の共有物にも消毒の対象を拡げて対策しました。

また庁舎入口にサーモグラフィーを設置して入省者すべての体温検査もして、拡大防止に努めています。窓を開放した換気にも気を付けています。

(中島みなみ)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ