真面目に無謀なバカをやる! OPTIONツインエンジン・シティ4WD化計画とは?【OPTION 1986年10月号より】

コラム Clicccar

今回からのPlay Back The OPTIONは、1986年10月号から連載が始まった、ツインエンジン4WDシティを作るぞ計画です。

当時のOPTIONも大真面目におバカ企画を全開でやる!のです。この連載モノも今後、何回かに分けて紹介しますね。ではまず最初は、おバカ計画1回目、その概要から!

なにがフルタイム4WDブームじゃ。
みんなハンパですぜ。
OPTならお化けマシンを作ってやる、
ってなわけで考えたのがコレです。
でも、本当に作れるかゼ〜ンゼン分からないという、
トンデモナイ企画なのだ。

OPTION、真面目にバカやりま〜す!

自動車技術の最近の傾向を見るまでもなく、いまやカーテクノロジーの先端は、フルタイム4WDレイアウトと4WALBなどのマイコン制御にある。

な〜んて堅い話は置いといて「オレ、単純にツインエンジンのクルマを作ってみたい」というのがこの企画の始まりだ。だってツインエンジンならトーゼン、フルタイム4WDになるし、ダートもストリートも万能型の最強モデルだ。それでいて路面に合わせた『アジャスタブル・パワー配分』だって可能だ。

というのも、前後にエンジンがあるからスイッチひとつでFF、MR、そしてフルタイム4WDという切り替えもできるはず。

なんたって前と後ろにエンジンがあるなんて、最高の遊びだぜ!

OPTIONツインエンジン・シティ4WD化計画、完成希望図!

こんな馬鹿げたことを考え付くのも、OPTにはかつてミッドシップカー時代を示唆する改造シティ・ミッドがあるからだ。コイツを使えば簡単(じゃないか)なのだ。もちろん、ミッションやクラッチ、アクセル、リンケージなどは難しいけど、やれないわけじゃない。

この秋(1986年)にはNEWシティも登場するらしいけど、新しいブルドッグにも負けないヤツ、それがこいつってわけだ。

もっと面白いのは、これまでのホットマシンが有力チューナーとのジョイントだったのに対して、今度はOPTのド素人スタッフがガレージでやろうというわけ。多分、試行錯誤と失敗の連続だと思う。

ま、まずはツインエンジンにできるか、走れるか、が大問題なのだ。

OPTION 1986年10月号の表紙。

・・・・・・・・・・・

ってところで、次回以降に「エンジン」「駆動系」のこんなの作れたらいいな〜!をお届けします。

[OPTION 1986年10月号より]

(Play Back The OPTION by 永光 やすの)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ