最新のディスプレイオーディオ、クレイドル&タブレット、サブウーファーを発売【カロッツェリア2020年夏モデル】

コラム Clicccar

先進技術で市販カーナビをリードするパイオニア「カロッツェリア」から2020年夏モデルが発表されました。
新製品は、ディスプレイオーディオが2モデル、クレイドル型の2DINメインユニットと8インチタブレットが1モデル、そしてサブウーファーが3モデルとなります。

8インチタブレットの「SDA-700TAB」

最も目を惹くのは、クレイドル型の2DINメインユニットと8インチタブレットでしょう。
スマホ用のクレイドルをリリースしてきたパイオニアは、車内でタブレットを使うニーズが高まっているとして、今回、クレイドルとなる2DINメインユニットとタブレットを組み合わせて使用するモデルをリリースしました。

クレイドル型の2DINメインユニット「FH-7600SC」は、タブレットの「SDA-700TAB」とセットで使う

クレイドル型の2DINメインユニット「FH-7600SC」は、Bluetooth、USBに対応し、FM/AMチューナー、DSP(デジタルプロセッサー)を搭載。併用するタブレットの「SDA-700TAB」を背面だけで固定できる構造になっているほか、-10℃〜60℃での動作確認済みなので、使用環境の変動が大きい車内でも安心して使えます。

タブレットではナビアプリや音楽/映像アプリはもちろん、Bluetoothソースもラジオもアプリと同様に操作できます。また、ドライブ中でも取り外して助手席や後席で動画再生などが楽しめるほか、家など出発前でもドライブ中に立ち寄った先でも多様な検索が可能。見つけたスポットは目的地として設定できます。

また、リヤカメラ(別売)の接続を可能にし、タブレット画面に車両後方を映し出せるようにした点も、車載機器のプロフェッショナルらしいところでしょう。

クレイドルは高さと奥行きの調節が可能なため、幅広いセンタークラスターの形状に対応します。

2DINメインユニット「FH-7600SC」、8インチタブレットの「SDA-700TAB」の発売時期はともに7月で、それぞれ価格はオープン。

車内でスマホアプリを使う人が増えている中、高い操作性と視認性、安全性を兼ね備えているのがディスプレイオーディオです。
トヨタなどの自動車メーカーも、従来型のカーナビからディスプレイオーディオの標準化を推進していて、ニーズの高さがうかがえます。

ディスプレイオーディオの9V型「DMH-SF700」

カロッツェリアの2020年夏モデルには、2機種のディスプレイオーディオが設定されています。
9V型の「DMH-SF700」はHDディスプレイ、Bluetooth、USB、チューナー、DSPを搭載。フローティング構造が採用されていて、1DINスペースに9インチモデルを設置できるのが特徴です。
いっぽうの6.8V型「DMH-SZ700」は、一般的なワイドVGAモニターを持ち、Bluetooth、USB、チューナー、DSPを搭載しているところは「DMH-SF700」と同じです。
発売予定は6月で、価格はオープンプライスとなっています。

6.8V型の「DMH-SZ700」

両モデル共に「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応、使い慣れたスマホアプリがディスプレイに表示され、スマホ同様に操作できるほか、YouTubeなどの無料動画配信サービスを専用アプリにブックマークすることで動画、楽曲再生が可能になります。しかも「カロッツェリア」らしく高音質で楽しめるのが魅力。ハイレゾ音源再生によるハイクオリティなサウンド、HDMI入力によるフルHD再生にも対応していて、充実の車内エンタメ環境を整えることができます。

また、Appleの「Siri」、「Google アシスタンス」の音声コントロールにも対応し、走行中でも画面を注視することなく目的地検索や楽曲再生、メッセージの送信などが安全に行うことができます。

国内向けの市販ディスプレイオーディオとして、「Amazon Alexa」が初搭載されたのは注目点です。
「アレクサ」と話しかければスポット検索をはじめ、音楽の再生、ラジオなども聴くことができます。音声操作が可能なスマート家電が「Alexa」対応であれば、車内から家のエアコンなどを操作することも。

車内でよりいい音を楽しむのに効果的なのはスピーカー交換ですが、重低音再生を担うサブウーファーの導入も昔からの定番手法です。
別売のパワーアンプと組み合わせて使用するサブウーファー3モデルが登場します。
30cmサブウーファーの「TS-WX3030」が4万2000円、25cmサブウーファーの「TS-WX2530」が3万7000円、20cmサブウーファーの「TS-WX2030」が3万2000円。いずれも税別で、6月発売予定です。

30cmサブウーファーの「TS-WX3030」

いずれも特徴は、重低音再生はもちろん、入力された信号に忠実な重低音再生が可能なことで、不要な振動を排除する「高剛性IMPPコーン」をはじめ、高剛性と追従性を両立する「ラバーエッジ」などの新技術が織り込まれています。

20cmサブウーファーの「TS-WX2030」

サブウーファーを下向きにする、パイオニアならではの「ダウンファイヤリング方式」の採用もトピックスで、フロアの反射音を生み出し、重低音再生に豊かで厚みのあるサウンドをもたらします。
ほかにも上向き、横向きなど、好みや車種に合った取り付けが可能で、取付方法によって脱着できるアタッチャブルフィート、荷物などから制振板を保護するメッシュタイプのスピーカーグリルが備わっています。

自社製タブレットと組み合わせるクレイドル式2DINユニットに、市場をリードする先進ディスプレイオーディオ、そして車内サウンドをアップデートさせる最新技術のサブウーファー・・・と、パイオニア「カロッツェリア」の2020年夏モデルはバラエティに富んでいます。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ