新型911ターボカブリオレ、ルーフオープン姿をキャッチ!

コラム Clicccar

ポルシェは、3月に911トップレンジとなる「911ターボS」および「911ターボSカブリオレ」を発表しましたが、その下に位置するちょっと控えめな「911ターボカブリオレ」の市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ 911ターボカブリオレ 市販型プロトタイプ

南ヨーロッパで捉えたプロトタイプは迷彩がほとんど見られず、ほぼフルヌード状態、赤いファブリックルーフを全開にして走行しています。

「ターボS」が装備するセンターロックホイールの代わりに、標準の5ラグホイールが見てとれるほか、控えめのフロントスカートやリアスカートも確認できます。

ポルシェ 911ターボカブリオレ 市販型プロトタイプ

すでに公開されているターボS/ターボSカブリオレのパワートレインは、3.8リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650ps・最大トルク800Nmを発揮、8速PDKと4WDシステムが組み合わされます。0-100km/h加速はクーペが2.6秒、カブリオレが2.7秒、最高速度は330km/のパフォーマンスを誇ります。

対して「非」Sターボモデルでは、調整された同エンジンにより最高出力600psを発揮、旧世代の最高出力533hp・最大トルク660Nmから大幅に増加しています。

911ターボ クーペ/カブリオレのワールドプレミアは今年後半が有力と言えそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ