「電気自動車」といっても色々な種類がある!? EVやPHEV、FCVやHVって何が違う?【今さら聞けないクルマの最新キーワード】

コラム Clicccar

世界中で新型コロナウイルスの猛威が吹き荒れる中、国内外の新車販売台数が大きく減少しているというニュースが連日報道されています。

ところが電気自動車に関しては、たとえば欧州では新車販売台数は増加しているようです。世界的な調査会社JATOの発表によると、電気自動車新車の2020年3月における新車販売台数は14万7500台で、前年同月比で10.1%増加、マーケットシェアも過去最大の17.4%となっています。

「EVシフト」という言葉が生まれるほど世界的に普及が進む電気自動車ですが、実は様々なタイプがあります。

電気自動車には、EVやHV、PHEVやFCVなど、最近よく耳にするワードも多いのですが、それぞれどんな違いや特徴があるのでしょうか? 分かりやすくご紹介します。

アウディのe-tronなど、欧州メーカーも近年多くの電気自動車を発売している

最新のエコカーともいえる電気自動車には、大きく分けて次の4タイプがあります。

・HV(Hybrid Vehicle):ハイブリッド車
・PHEVまたはPHV(Plug-in Hybrid Vehicle):プラグイン・ハイブリッド車
・EV(Electric Vehicle):電気自動車
・FCV(Fuel Cell Vehicle):燃料電池車

いずれも地球温暖化対策として、従来のガソリンエンジン車では削減が難しいCO2などの排出ガスを抑制する、もしくは完全にゼロにするクルマとして普及が期待されているのはご存じの通りです。

欧州では自動車メーカーに対し、総販売台数の平均燃費が一定割合に達しない場合に、高額な罰金を課する規制を実施。

アメリカのカリフォルニア州や中国でも同様の規制が行われているため、自動車メーカーはガソリン消費量が低い、またはゼロになるエコカーを販売しなければならないといった事情が、電気自動車が増えている背景にあります。

世界各国の排ガス規制により、電気自動車の普及が一気に進んでいる(写真はレクサス初のEVとして発売が予定されているUX300eのシステムイメージ)

近年、新車のラインアップに設定が増えてきたHV=ハイブリッド車。これはモーターとエンジンを組み合わせたクルマです。代表的なモデルには、トヨタのプリウスなどがあります。

実はこのハイブリッドにも、大きく分けて3タイプが存在するのです。

プリウスなど一般的なハイブリッド車は、低速走行時などはモーターだけで走るEV走行を行い、速度がある程度出るとエンジンで走る仕組みです。また、エンジン始動中でもバッテリーに十分な電力があれば、走行状況に応じてモーターだけで走ることも可能です。

このように、エンジンとモーターの両方で走る仕組みを「パラレル式」といいます。エンジンで走る区間を短くすることで、燃費向上を図ります。

トヨタ・プリウス

一方、日産のリーフやセレナに設定されているe-POWERは、走行はモーターのみで行い、エンジンはモーターを動かす電力の発電のみを行うタイプのハイブリッドで、これは「シリーズ式」と呼ばれています。

エンジンがバッテリーの発電だけに使われるため、やはり通常のガソリン車よりも燃費は向上します。

日産セレナe-POWER

さらに、最近増えて来ているのは「マイルドハイブリッド」という方式。

これは走行はエンジンだけを使い、モーターは発進などの加速時にエンジンの駆動力をアシストしたり、アイドリングストップからエンジンを再始動する際に使用するタイプ。加速やエンジン始動時などにガソリン消費量を抑えることで、燃費の向上を実現します。

スズキのスイフトやワゴンR、マツダのマツダ3 SKYACTIV-X搭載車などに採用されています。

スズキ・スイフト

PHEV=プラグイン・ハイブリッド車は、わかりやすく説明すると「外部電源から充電が可能な(シリーズ式)ハイブリッド車」といえます。メーカーによって、PHEVとPHVという表記がありますが、いずれもプラグイン・ハイブリッド車です。

こちらもエンジンとモーターの両方で走るのはプリウスなどと同様ですが、バッテリーの容量が大きく、自宅などでも充電が可能ですので、モーターだけで走れる距離がより長くなります。

ホンダのクラリティPHEVでは、市街地や郊外・高速道路で計測したWLTCモードでEV走行の距離が101kmを実現。これは国産PHEVの中でトップレベルのEV航続距離にあります。

ほかにもトヨタのプリウスPHVや三菱のアウトランダーPHEVなどがあります。

ホンダ・クラリティPHEV

EVは100%電動モーターだけで走る電気自動車です。最近ではハイブリッド車などと区別するために「BEV(Battery Electric Vehicle)」という言葉も使われています。

日産リーフe+

エンジンがないため、当然ながらガソリン消費量はゼロ。エコという意味では、最強です。エンジン車に比べて加速がスムーズで、ある車速までに到達する時間が短いなどの特徴があります。

日産リーフe+に搭載されているバッテリー

ただしほかの電気自動車やガソリン車と比べると航続距離が短いという欠点があります。約10年前の電気自動車は満充電時で100km程度といった感じでした。

それでも近年は、日産リーフが大きな62kWhバッテリーを搭載するリーフe+で、WLTCモード458kmという航続距離を実現しています。

ほかにも、出先では充電スタンドなどがないと充電できない、充電時間が長い(リーフe+の場合、急速充電で約60分)といった問題はありますが、航続距離が伸びたことで実用性はかなり向上しているといえます。

EVは充電時間が長いというのが問題点

100%モーターで走る電気自動車には、アメリカのテスラ(モデルSやモデルXなど)が有名ですが、国産車では前述のリーフ、三菱のi-MiEVなどがあるほか、ホンダeやレクサスUX300eなどが近々発売される予定。

テスラ・モデルX

また、欧州車でもここ数年、アウディのe-tronやフォルクスワーゲンのe-UP!、ミニ・エレクトリックなどの新型車が目白押しで、世界的に増加傾向にあります。

FCV=燃料電池車はまだあまり認知度も普及度もありませんが、エンジンを使わない電気自動車の一種です。トヨタのミライや、ホンダのクラリティFCVなどがあります。

トヨタ・ミライ

前述のEVと違う点は、クルマの中で発電することです。FCVの燃料は液体水素で、水素と酸素の化学反応で電気を作る「燃料電池」を搭載し、モーターで走るという仕組みを採用しています。

EV同様にガソリンを一切使わないため、CO2排出量はゼロ。また、発電自体をクルマが行うため、航続距離もEVより長くできるというメリットがあります。

トヨタ・ミライのシステム図

ただしネックは燃料である水素を供給する水素ステーションの普及度がまだ低いことです。EV向けの充電ステーションは、高速道路のサービスエリアやショッピングセンターなどでかなり目にする機会も増えてきましたが、水素ステーションはまだまだレア。

PHEVやEVは自宅で非常時の電源になるなど、従来のガソリン車にはないメリットがあるのも普及に貢献している(写真はプリウスPHV)

また、発電システムの搭載が必要になるなどで、車両価格が比較的高い傾向にある(ミライは税込価格で740万9600円)という問題もあり、なかなか普及していないのが現状です。

(文:平塚直樹/写真:トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、スズキ、テスラ、アウディジャパン)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ