自作する人も!? 低予算ですむ軽トラックキャンパーの注目度が上昇中【最新キャンピングカー事情】

コラム Clicccar

新型コロナウィルス感染症により「新しい生活様式」が呼びかけられています。そんな中、熱視線を浴びそうなのがキャンピングカー。

全国各地で行われるキャンピングカーショーは軒並み中止になっていますが、レジャーだけでなく災害に備える目的などからコロナ前より注目度は高く、「新しい生活様式」の旅の形として定着しそうです。

レジャーはもちろん、災害に備える目的でキャンピングカーを購入する人も増えている

とはいえ、高額なキャンピングカーだとなかなか手が出ないもの。比較的安価で、取り回しや駐車もしやすい軽キャンパーは、登場以来、安定した人気を誇っていてバリエーションも増えています。

最近の注目株は、軽トラックをキャンピングカーに仕立てた軽トラキャンパー。自作する方もいるらしくTV番組などで取り上げられています。

また、軽を含めたトラックをキャンピングカーに仕立てる老舗では、「トラックキャンパー」を手がける山梨県のMYSミスティックがあります。トヨタ・タンドラやハイラックス、軽自動車ベースまで多彩に揃っています。

自遊空間が手がける「トラベルハウス」

また、自遊空間が手がける「トラベルハウス」と呼ぶ軽トラキャンパーもそんな1台。「トラベルハウス」は、4ナンバー登録で、ハウスを名乗るだけあって架装部分の内装は、DIYでカスタマイズも可能です。さらに住宅用断熱材を使うなど、まさに「旅する家」というキャッチコピーにふさわしい特徴。

キャンピングカーだけでなく、事務所としてキッチンカーとしてニーズに応じて、仕様の変更ができます。

1750mmの室内高を確保する「トラベルハウス」

また、トラベルハウスの居室ユニットは、アルミ合金製で軽量かつ堅牢な構造になっていて、ユニットは着脱可能。居室ユニットの室内高は1750mmで、高い開放感が得られます。

なお、全自動車メーカーの軽トラに対応し、新車・中古車を問わず架装できます。基本価格は98万円(税抜き)〜で、軽キャンパーと比べてもお得感があります。

全メーカーの軽トラックに対応。新車、中古車を問わない

なお、フランチャイズ支援サービスを提供するCREPROが「トラベルハウス」の支援を開始、2020年6月1日より、ディーラー募集も開始しています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ