2代目メルセデス・ベンツGLEクーペは、さらにワイドに低くなったスタイリッシュな外観が特徴【新車】

コラム Clicccar

2019年の2代目GLEに続き、クーペ風味が加えられたクロスオーバーのGLEクーペも新型にスイッチしました。GLEは、Mクラスの名でアメリカを中心に世界で支持されてきたアッパーミドルクラスのSUVです。

新型GLEクーペの外観

2代目GLEクーペは、全長4955×全幅2020×全高1715mmという堂々たる体躯は、日本ではもはやフルサイズと言いたくなる大きさ。

先代よりも全長は65mm長く、全幅は5mmワイドで、全高は15mm低くなっています。さらに、ホイールベースは2935mmで、先代よりも20mm長くなっていますが、GLEよりも60mm短いため、スポーティな見た目と走りがアピールポイントです。

エクステリアで目を惹くのは、大きなダイヤモンドラジエーターグリルと、先代からよりもスマートになったリヤコンビランプ。クーペを名乗るだけあって厚みのあるボディに、流麗なラインを描く小さめのキャビンなど、写真を見る限りスタイリッシュな仕上がりになっています。

「GLE 400 d クーペ」のエクステリア

搭載されるエンジンは「GLE 400 d 4MATIC クーペ スポーツ」に、3.0L直列6気筒クリーンディーゼルを搭載。さらに、3.0L直列6気筒エンジンとISG(インテグレーテッド・ スターター・ジェネレーター)、48Vマイルドハイブリッド、電動スーパーチャージャーが組み合わされた「メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペ(ISG搭載モデル)」を設定。

後者は可変トルク配分を行う、パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」となっています。

「GLE 400 d クーペ」のリヤビュー

インテリアも外観同様、現行Eクラス以降の最新のデザインが与えられています。ダッシュボードに「12.3インチワイドディスプレイ」と「12.3インチコックピットディスプレイ」を用意。1枚のガラスカバーで融合することで、ワイドに見えるディスプレイが特徴。

SUVらしい装備として、センターコンソールに大きなグラブハンドルが配されています。さらに、インパネで目を惹く4つの四角いエアベントは、標準仕様のフロントグリルルーバーの意匠がモチーフだそう。

新型GLEクーペのインテリア

クーペクロスオーバーで気になるのは、後席の広さでしょう。先述したように、先代よりもホイールベースが 20mmストレッチされたことで、後席足元スペースなど車内は広くなったそう。加えて、開口部が広くなり、乗降性が向上。また、キャビンの収納スペースの容量も計40Lまで増加しています。

新型GLEクーペのリヤシート

荷室容量もしっかり確保されています。通常時でも655Lとかなり大きく、最大時は1790Lまで拡大。先代から70L増加しています。

また、「AIRMATICサスペンション」の標準化により、ボタンを押すだけでテールエンドを50mm下げる機能も用意されていて、大きな荷物や重い荷物などを載せ降ろしする際に重宝しそうです。

新型GLEクーペのラゲッジ

装備では、対話型インフォテインメントシステムの「MBUX」やテレマティクスサービスの「Mercedes me connect」などを標準装備。ユニークなのが「エナジャイジング コンフォート」で、ヒーターやパフュームアトマイザー、シート設定、照明、音楽などのシステムを統合的にコントロールする機能で、乗員の快適性を向上させます。

メルセデス・ベンツGLEのCOMANDシステム、カップホルダー

「リフレッシュ」や「バイタリティー」、「トレーニング」の3つのプログラムから選択することが可能。さらに、「エナジャイジング コーチ」機能を使うと、走行時間などを加味したうえで、Garmin(ガーミン)製スマートウォッチを装着すると、ドライバーのストレスレベルや睡眠の質などの個人データも活用し、 運転手をサポートするモードまで提案するそうです。

ロングドライブも苦にならないはずの新型GLEクーペですから、先進安全装備も含めて頼もしい機能といえるでしょう。

リモコンキーを携行していれば、テールゲート下のキック動作で自動的に開閉する

その先進安全装備は、全車に標準装備。たとえば、「アクティブブレーキアシスト (歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」が用意されています。こちらは、対向車線を横切って右折する際に、直進してくるクルマと衝突する危険がある場合、10km/h以内であれば自動ブレーキが作動する機能です。

新型メルセデス・ベンツGLEクーペのサイドビュー

価格は「GLE 400 d 4MATIC クーペ スポーツ」が1186万円(ステアリング位置は右)、ISG搭載モデルの「メルセデス AMG GLE 53 4MATIC+ クーペ」が1421万円(ステアリング位置は左右共に設定)。なお、ガチンコとなるBMW X6は、990万円〜1402万円です。X6にも直列6気筒の3.0Lディーゼルエンジン、4.4L V8ガソリンが用意されています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ