冠水路には厳重注意! 梅雨の大雨災害で、クルマの水没リスクを避けるサバイバル術

コラム Clicccar

梅雨は大雨による災害が増える時期でもあります。

2018年に起きた西日本豪雨では、岡山や大阪、広島や愛媛などで広範囲に渡る激しい雨が降り、各地で様々な被害が発生。クルマ関連でも、道路が冠水して車両が水没してしまうなど、多くのトラブルが報告されています。

そこでここでは、これからの時期に、もし大雨が降った場合にどういった対策をとったらいいのかなどをご紹介します。

ロードサービスを手掛けるJAF広島支部によると、2018年に起きた西日本豪雨時の7月6日〜10日の5日間で、広島県内の救援要請は2338件。前年同期比で約300%増と非常に多かったといいます。

また、そのうちの冠水に関わる要請は968件と、大雨の影響で多くのトラブルが発生したことがわかっています。

2018年7月6日から7月10日までの間に、JAF広島支部への救援要請数(出展:JAF広島支部)

そこで、同支部では、大雨のときの走行で気をつけるべき主なポイントを次のように挙げています。

・アンダーパスなど周囲より低い場所の走行や駐車は避ける
・河川の周囲を走行しているときは川の水位や流れに注意する
・土砂災害を避けるため、海岸沿いや崖のそばの走行は避ける
・乗用車の走行可能な水深は床面に浸からない程度

西日本豪雨の時は、特にアンダーパス(道路の下をくぐる構造になっている立体交差)などの低い場所が冠水し、そこに進入したクルマが水没してしまうというトラブルも発生。「君子危うきに近寄らず」ということわざの通り、危ない場所には進入しないことが一番です。

広島市安佐南区にあるアンダーパス。左が2014年8月に発生した大雨時の様子で、右は平常時(出展:JAF広島支部)

JAF広島支部では、さらにもしクルマが冠水してしまった場合の注意点についても紹介しています。

・すぐに車内には浸水してこないので慌てずにエンジンを停止
・避難する際は、いきなり車から出るのではなく足を浸け水深を測ってから出る
・冠水路では、濁って道路の状況がわからないため一歩一歩確かめながら歩く
・水圧でドアが開かなくなった場合は、緊急脱出ハンマー等を使用しガラスを割って脱出(車両によっては割れにくい窓もあるため事前に確認を)
・一度冠水した車は、エンジンを始動すると破損や感電の危険があるので、まずはJAFやクルマの販売店に連絡をする

クルマが冠水してしまったら、まずはエンジンを止めることが先決だ(画像:写真AC)

ちなみにJAFでは、集中豪雨などでアンダーパスが冠水した場合を想定し、クルマが冠水路を走りきれるかどうかのテストを行っています。

テストは、セダンタイプとSUVタイプで実施。前後にスロープを設けたコースを造り(一番低い箇所を30mの水平部分にした)、水深30cmと水深60cmの時に、時速10kmと時速30kmでそれぞれが走行可能かどうかを実施しています。

まず、水深30cmの時はセダン、SUVともに時速10kmと時速30kmの両方で走行が可能でした。

ところが、水深が60cmになると、セダンではフロントガラスの下端まで水をかぶってしまい、時速10kmでも走りきれず途中でエンジンが停止。

一方のSUVは、エンジンの搭載位置が高いため、水がエンジン内に入らずに時速10kmなら走破が可能。ところが、時速30kmと速度が高くなると、クルマが巻き上げる水の量が多くなりエンジン内に水が浸入、走行距離わずか10mでエンジンが停止しています。

エンジン搭載位置が低いセダンは、水深60cmでは走行不可能(写真はイメージ。画像:写真AC)

JAFが行ったこのテストはあくまで参考です。実際の冠水路では、水深も水の中の様子もわからなりません。

もし、大雨で冠水路に遭遇したら、前述の通り、安易に進入せずに迂回することを考えた方がいいでしょう。

(文:平塚直樹/写真:JAF)

【関連リンク】

冠水路走行テスト(JAFユーザーテスト)
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/submerge/waterway-driving

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ