レクサスLCが一部改良。ばね下質量を約3.7kg軽量化するなど走りをブラッシュアップ【新車】

コラム Clicccar

2020年6月18日、レクサスの最上級クーペであるLCが一部改良を受けました。同時に、LCベースをベースとしたコンバーチブルモデル「LC500 Convertible」が追加されています。

一部改良を受けたレクサスLC

一部改良を受けたLC500h/LC500の発売は同時から開始され、追加されたコンバーチブルの「LC500 Convertible」は7月15日の発売になっています。加えて、特別仕様車の「LC500 Convertible“Structural Blue”」も設定され、60台限定でリリースされます。

LC/LCコンバーチブルは、BMW 8シリーズのクーペ/カブリオレ、メルセデス・ベンツのSクラスクーペ/カブリオレなど多士済々のメンバーが揃う最上級クラス。しかも、クーペ/カブリオレとなれば、セダンとは異なるラグジュアリーなムードも求められます。

レクサスLCのサイドビュー

LCは、レクサスのデザインを象徴するファッションリーダー的な役割を担っています。ライバルのドイツ勢と比較しても独創的といえるデザインに加えて、怒濤の加速性能はピュアスポーツカー顔負けの迫力も容易に引き出せます。

ここではまず、LC500h/LC500の一部改良についてお届けします。主な内容は、走りのクオリティアップ。レクサスらしく年次改良を施すことで、熟成を重ねる姿勢を貫いています。

レクサスLCは一部改良で走りをさらに洗練させている

具体的には、フロントのサスペンションロアアームのアルミ化、リヤスタビライザーバーの中空化、コイルスプリングの高強度材採用、21インチリヤアルミホイールのディスクホイールの軽量化などにより、ばね下質量を約3.7kgも軽量化。

また、バウンドストッパーの特性変更や「Adaptive Variable Suspension system(AVS)」によるダンパーの伸び側減衰力の独立制御により、路面変化に対してサスペンションがしなやかに動き、追従性の高い足まわりになったそう。これにより、乗り心地の向上が図られています。

レクサスLCのインパネ

さらに、ダンパーの伸び側と縮み側を独立制御する、AVS制御をそれぞれ変更することにより応答性を向上。これにより、サスペンションの質量低減効果が最大限得られるそう。さらに電動パワステの制御をより滑らかでリニアな応答とすることにより、ステアリングレスポンスが向上し、ライントレース性も高くなったとしています。

ほかにも、新たにアクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト(Active Cornering Assist/ACA)を採用するなど、さらなる進化を追求したとしています。

レクサスLCのフロントシート

加速フィールも改善しているようです。日常の走りで、レクサスLCの美点であるパワフルな加速性能が感じられる駆動力特性が追求され、ガソリンモデルでは停止時から100km/hあたりまでの常用域において、より気持ちの良い加速と強い伸び感、気持ちのいいエンジンサウンドが享受できるそう。

また、ハイブリッド仕様では、バッテリーの使用領域を拡大することでモーターからのトルクアシストを増幅させ、駆動力がより向上。

レクサスLCのセンターコンソール。スマホ連携など車載インフォテイメントも用意する

価格は5.0L V8エンジンを積む「LC500 “S package”」が1450万円、「LC500」と「LC500 “L package”」が1350万円。3.5L V型6気筒+モーターのハイブリッドの「LC500h “S package”」が1500万円、「LC500h」と「LC500h “L package”」が1400万円です。

レクサスLCのトランク

レクサスは、LC500h/LC500の一部改良により、クルマや路面との対話を感じられる「一体感のある走り」を実現するべく、基本性能の向上を図ったとしています。こうした走りのブラッシュアップは、ライバルを見渡してみても最上級クーペに不可欠な改良で、レクサスLCのプレゼンスを高めるはずです。

※写真には北米仕様も含まれています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ