新型エクストレイルは運転支援システムが大幅進化。シフトレバーのデザインも刷新!

コラム Clicccar

捲土重来を期す日産がついに動き出しました。まずは北米でクロスオーバーSUVのローグ(日本ではエクストレイルになると思われるクルマ)のフルモデルチェンジを発表、その内外装を公開しています。

ボディサイズはわずかに小さくなるという新型ローグ。日産らしい顔つきになっている

スタイリングは従来のローグ(エクストレイル)のシルエット感は残しつつ、フロントマスクは一新といったイメージ。

エクステリアは、アドベンチャー、アスレチック、プレミアムというキーワードで表現されるものです。またフローティングルーフと呼ばれる日産のデザイン要素が健在なのも確認できます。

大きなVモーショングリルとユニークな燈火類のコンビネーションは独特のフロントマスクを生み出している

インテリアのキーワードは「ファミリーハブ」、日本語にすると家族のつながり、家族の中心といったところでしょうか。前後席どこに座っていても快適で、ドライブが楽しめるキャビンになっているといいます。

そのインテリアで注目したいのはコクピットの操作系が新しくなっていることです。

先進運転支援システムである「プロパイロット」はナビなどと連携することで、ハイウェイでのきついカーブやジャンクションなどで速度を落としたり、制限速度に合わせて設定速度の上限を切り替えたりする機能を持ったタイプへ進化しています。

ステアリングホイールの意匠変更にあわせてプロパイロットの操作スイッチ類もブラッシュアップされているのが、公開されている画像からわかります。

また、12.3インチの液晶ディスプレイを用いた「デジタルダッシュボード」と呼ばれるフルデジタルメーターは、プロパイロットの作動状況がひと目でわかるような表示が可能になっていることも確認できます。このクラスでフルデジタルメーターというのは、かなり魅力的といえそうです。

ステアリングホイールの意匠も新世代となっている

さらに気になるのはシフトレバー(シフトノブ)のデザインが新規で起こされている点でしょう。

日産では「エレクトロニックシフター」と呼んでいますが、電気自動車「リーフ」やe-POWER「ノート」、e-POWER「セレナ」とも異なる形状の新しいシフターが採用されています。ステアリングホイールと共通するVモーション的な造形となっていることもあり高級に感じられるデザインです。

なお、公開されている画像では、シフト周りにスタート/ストップボタンやオートホールド付きEPBのレバーも見えますが、これらは従来と同じ意匠を用いているようです。

電気式シフトレバーは新デザインが採用される

ちなみに、北米で発表された新型ローグは2.5Lエンジンを積むモデルで、いわゆる電動車ではありません。つまり、新世代の日産車はエンジン車であっても、こうした電子シフターを積極的に採用していくということを示しています。

バイワイヤの電子シフターはレイアウトの自由度もありますし、メカニカルな部分をコンパクトにできます。そうしたメリットは、フローティングセンターコンソールを実現、その下部に物を置くトレイを用意されていることからも伝わってきます。

12.3インチの「デジタルダッシュボード」、9.0インチのタッチスクリーンなど新世代モデルらしいコクピット

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ