タンのソフトトップ、バケットシートを備えたジープ・ラングラーの「ブラック&タン」が限定で登場【新車】

コラム Clicccar

新型ランドローバー・ディフェンダーの日本上陸により、本格的な悪路走破性を備えるSUVの注目度が急上昇しています。ランドローバーでは、日本市場においてのライバルは、ジープ・ラングラー、トヨタ・ランドクルーザーとしています。

ジープ・ラングラーに設定された「ブラック&タン」

JL型の現行になっても根強い人気を誇る本格オフローダー「Jeep Wrangler(ジープ・ラングラー)」に、「タン」カラーのソフトトップが際立つ限定車が設定されます。

2020年7月4日(土)から発売される限定車は、ブラックのボディ、タンのソフトトップがコーディネイトされた2ドアの「Wrangler Black & Tan(ラングラー・ブラック&タン)」。そして、4ドアの「Wrangler Unlimited Black & Tan(ラングラー・アンリミテッド・ブラック&タン)」が用意されます。

ソフトトップにタンを採用

同限定車は、カタログモデルと同様の手動開閉式ソフトトップを備えています。現行型は、先代よりもルーフの脱着が軽く(楽に)になり、リヤシート頭上まで大きく開くことが可能。さらに、リヤウインドウとクォーターウインドウも取り外せば、ボディ後方までフルオープンになり、高い開放感を備えた空間に変身します。

ファブリックシートもタンカラーになる

一方のインテリアも、ブラック基調に、タンの布製バケットシートの組み合わせも目を惹きます。グロスブラック仕上げのインストルメントパネルも限定車だけの特徴です。

「ブラック&タン」のインテリアカラー

装備は、7インチタッチパネルモニター付のAM/FMラジオ Uconnect(Apple CarPlay、Android Auto対応)、オートエアコンディショナー、17インチアルミホイールなどを標準化。運転支援装備も充実しています。

車庫入れをサポートする「ParkSenseリヤパークアシスト」や「Parkviewリヤバックアップカメラ」、アダプティブクルーズコントロール(STOP機能付)などを用意。

高い悪路走破性がジープ・ラングラーの特徴

オシャレなエクステリアが魅力の「ラングラー・ブラック&タン」。販売台数は、合計150台限定で、2ドアが492万円(限定50台)、4ドアは513万円(同100台/いずれも消費税込)となっています。

ジープ・ラングラーのメーターパネル

なお、搭載されるエンジンは、3.6LのV型6気筒DOHCで、トランスミッションは、8速AT。ボディサイズは、2ドアが全長4320mm×全幅×1895mm×全高1860mm。4ドアのアンリミテッドは全長4870mm×全幅1895mm×全高1900mmとなっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ