10億円越えモデル再登場!? ロールスロイスが 謎のティザーイメージを公開

コラム Clicccar

ロールス・ロイスは、開発中とみられる新型モデルのティザーイメージを1点公開しました。

ロールスロイス 新型モデル ティザーイメージ

暗闇に浮かぶプロトタイプは、現行ラインアップとはかなり異なったデザインで、新型モデルの可能性もありそうです。

その画像からは、ガルウィングドア、タルガトップスタイルのパネル、サイドウィンドウのパネルが見てとれるほか、コンパクトな電子サイドミラーが採用されています。

スウェプテイル

現段階で情報が全くありませんが、比較的コンパクトサイズで2ドアの可能性が高いようです。ただし、新型の量産モデルではなく、特別なVIP顧客のためのワンオフモデルと予想されています。

ロールスロイスのワンオフといえば、2017年にセレブのためのカーイベント、「コンソルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」でワールドプレミアされた「スウェプテイル」が記憶に新しいです。

ヨットをイメージした開放的なエクステリアには、後部へ絞られた逆三角のガラスルーフを採用、室内には最高級ウッド、レザートリムを配置。パワートレインは6.8リットルV型12気筒エンジンを搭載、最高出力460psを発揮します。

そしてなんといっても驚かされたのはその価格で、1,280万USドル(現在のレートで約13億7千万円)という途方もない価格でした。そしてこの新型モデルも、スウェプテイルに続き10億超えの可能性もあるといいます。

本来なら、8月の同イベントでお披露目されるはずだったとみられますが、コロナウイルスの影響で中止されており、今後1〜2ヶ月の間にオンラインデビューすると予想されます。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ