新型日産キックス、期待のコンパクトSUVは出力20%向上したe-POWERを搭載し、価格275万9900円〜【新車】

コラム Clicccar

日本には新型ジュークは導入されないようですが、より日本に商品性の合った新型日産キックスe-Powerが予告どおり、2020年6月24日に発表されました。

新型日産キックスのエクステリア

なお、欧州に投入されている新型ジュークは、全長4210×全幅1800×全高1595mmというスリーサイズで、コンパクトサイズがひとつの特徴であった先代から全長が75mmストレッチされ、全幅は15mmワイドに、全高は30mm高くなっています(欧州値)。また、ホイールベースは106mmも伸びたことで、コンパクトである一方で、狭かった後席、荷室は大きく拡大しています。

新型日産キックスのインテリア

一方の新型日産キックスは、全長4290×全幅1760×全高1610mm。ホイールベースは2620mm。最小回転半径は、5.1m。なお、ジュークは、全長4135×全幅1765×全高1565mm、ホイールベースは2530mm。最小回転半径は5.3m。

併売されるジュークと比べると、新型キックスは最小回転半径が0.2m小さくなっています。ジュークよりも全長は160mm伸びているものの、狭い場所での取り回しは改善しているようです。

欧州に投入されている新型日産ジュークのエクステリア

日産キックスのパワートレーンは、日産自慢の「e-POWER」で、その最大出力を約20%向上させたことで、さらに力強い走りが可能になったとしています。また、アクセルペダルの踏み戻しで車速を調整できる「e-POWERドライブ」が採用され、ワンペダル感覚での運転が可能になるなど、「e-POWER」の利点が踏襲されています。さらに、発電用エンジンの作動タイミングの制御を最適化することで、エンジンの作動頻度を減らし、高い静粛性を実現したとしています。

新型日産キックスのエクステリア

先進装備では、運転支援技術の「プロパイロット」が全車に標準装備されています。ミリ波レーダーが採用されたことで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御が行えるそう。

「プロパイロット」も全車に標準装備する

ほかにも、事故時の自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」も全車に標準装備されています。また、前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」なども標準化されたことで、全車が「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」に該当します。

新型日産キックスの後席は、ジュークよりも大幅に広くなっている

気になる居住性も初代ジュークより改善しています。運転席は開放感ある視界を確保すると共に、リヤシートは、ニールームが600mm、ヘッドルームも85mmを確保したとしています。これにより、大人4人でも快適に過ごせるキャビンになったそう。

新型日産キックスのインパネ

ラゲッジも初代ジュークから大幅容量増になっています。クラストップレベルの423Lという荷室容量により、Mサイズのスーツケースが4つ積載できる広さを確保。また、リヤシートは可倒式のレバー操作により容易に倒すことが可能になっています。

新型日産キックスのラゲッジ

価格は「X」が275万9900円、「X ツートーンインテリアエディション」が286万9900円。発電用エンジンはHR12DE、モーターはEM57で、駆動方式は2WDのみです。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ