20mmダウンの専用スポーツシャシーを備えた新型718ケイマンT・718ボクスターTの予約受注を開始【新車】

コラム Clicccar

現行ポルシェ718ケイマン、718ボクスターの「718」という車名は、1950年代から60年代にかけて活躍していたレーシングカーに由来し、かつてのレーシングカーの系統に属するという想いが込められています。

2020年6月24日、ケイマン、ボクスターの718モデルの中でも最も純粋なドライビングプレジャーを提供するという、新型718ケイマンTと新型718ボクスターTの予約受注が開始されました。

新型ポルシェ718ケイマンTのエクステリア

両モデルともに、機械式リヤディファレンシャルロックを含む「ポルシェ トルクベクトリング(PTV)」とデュアルクラッチトランスミッションのPDK(ポルシェドッペルクップルング)を標準装備。

ポルシェ718ボクスターTのリヤビュー

搭載されるのはエンジンは、最高出力220kW(300PS)/380Nmを誇る水平対向4気筒ターボ。その走りは、20インチ軽合金製ホイール、車高が20mm低く設定された「PASMスポーツシャシー(シリーズ初となる2.0Lターボエンジンとの組み合わせ)」と「スポーツクロノパッケージ」などの装備パッケージにより強化されています。

なお、4.6kg/PSのパワーウエイトレシオにより、0-100km/h加速は4.7秒でクリアし、最高速度は275km/hに達するそう。

また、ダイナミックギアボックスマウントの「PADMシステム」も搭載されていて、パワートレーンの振動を最小限に抑え、ドライビングダイナミクスを妨げるドライブトレインの重量による動きを低減するそう。

ギヤボックスのハードマウントとソフトマウントの利点を兼ね備えていて、荷重移動や高速コーナリング中の精度と安定性を大幅に向上させるとしています。

ポルシェ718ケイマンTとボクスターT

上記の「スポーツクロノパッケージ」は、ステアリングのモードスイッチを使い、「ノーマル」「スポーツ」「スポーツプラス」「インディビジュアル」の各ドライビングモードから選択可能。「スポーツ」以上を選択すると、エンジンマネジメントシステムがよりスポーティな特性になります。

ポルシェ718ボクスターTのインテリア

さらに「スポーツプラス」では、「ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)」「ポルシェアクティブドライブトレインマウント(PADM)」、さらにトランスミッションのPDKがよりスポーティになり、レーシーなハンドリングになるそう。

PDKとの組み合わせにより、ローンチコントロールとスポーツレスポンススイッチも使用することが可能になります。

新型718ボクスターTの走り

外観では、「ハイグロスチタニウムグレー」でペイントされた20インチ軽合金製ホイールと、車高を20mm低く設定する「PASMスポーツシャシー」の組み合わせが印象的。

「アゲートグレー」のミラーシェルと両サイドの“Boxster T”と“Cayman T”ロゴは、「ブラッククロムメッキ」のツインテールパイプが中央に配された「スポーツエグゾーストシステム」が他グレードとの識別点です。

日本仕様のトランスミッションは、PDK。ステアリング位置は左右共に設定される

用意されるボディカラーは、ブラック、インディアンレッド、レーシングイエロー、ホワイト、キャララホワイト、ディープブラック、GTシルバーメタリックの7色。特別色としてラバオレンジとマイアミブルーも設定されます。

装備で目を惹くのは、ブラックのドアプルやスポーツシート(2ウェイ電動調整機能、ブラックのSport-Texセンターセクション、“718”ロゴ刺繍ヘッドレスト付)。加えてモードスイッチ付GTスポーツステアリングホイールが用意され、贅沢なパッドとレザーカバーにより確かなグリップを確保するとしています。

ポルシェ718Tのドアトリム

また、メーターのブラックの文字盤は、“Boxster T”または“Cayman T”のロゴが入り、メータパネルとセンターコンソールのデコレーティブトリムは、グロスブラックで仕上げられています。ドアエントリーガードにも“Boxster T”、“Cayman T”のロゴが配されています。

なお、718 Tは、718のベースモデルに同様の装備を追加した場合と比べて、価格面で5〜10%の利点があるとしていて、価格は718ケイマンTが893万2000円、718ボクスターTが932万2000円とアナウンスされています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ