新型メルセデス・ベンツGLBはトヨタRAV4よりも少し長いボディに3列シートで日本上陸!【新車】

コラム Clicccar

2020年6月25日、メルセデス・ベンツGLAと同時発表されたGLBは、日本で一番の品揃えを誇る、SUV王国に加わるブランニューモデル。AクラスやGLAと同じ「MFA-||」モジュラープラットフォームが使われていています。

新型GLBのエクステリア

Aクラスに対してBクラスは、居住性や積載性が高められているパッケージングに特徴があり、GLAとGLBも同じ関係と考えていいでしょう。ただし、新型GLBの日本向けは3列7人乗り仕様のみで、2列5人乗りは設定されていません。

2020年6月25日に同時発表されたメルセデス・ベンツの新型GLAと新型GLB。中央はメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長

新型GLBのボディサイズは、全長4650×全幅1845×全高1700mm、ホイールベースは2830mm。新型GLAは、全長4415×全幅1835×全高1620mmですから、GLAよりも235mmも長く、10mmワイドで、80mm背が高くなっています。日本製SUVと比べると、トヨタRAV4が全長4600×全幅1855×全高1685mmですから、日本ではミドルサイズといえる堂々たる車格を備えています。

新型GLAよりもスクエアなリヤビューが印象的

エクステリアからは、新型GLAと似たフロントマスクが目を惹く一方で、ルーフラインやキャビン、リヤまわりのフォルムなどからは3列シート化への配慮(影響)も感じられます。フロントとリヤエントを垂直気味にすることで、SUVらしい力強さと居住性、積載性の両立を図る狙いがあるのではないでしょうか。さらに、フロントからリヤにかけてホティ下部を守るフロテクターを配することで、SUVらしい機能美が表現されています。

インテリアは現行Aクラス以降の流れを汲むデザインで、新型GLAと同様にモダンな仕立て。このGLBては、助手席前のタッシュホート中央部やセンターコンソールのスイッチなとに、力強さを表現したというアルミニウム調チューフのテサインが施されています。 また、標準仕様のシートハック中央部に、斜めに走るステッチでひし形状の模様を作り出すシートを採用。力強さたけてはなく、ラクシュアリーなムードも演出されています。

新型メルセデス・ベンツGLBのインパネ。GLAと基本的なデザインは同じだが、加飾などディテールは異なる

導入時のエンジンは2タイプで、FFの「GLB 200 d」には新型GLAと同じ「OM654q」型の2.0L直列4気筒ティーセルターホが搭載され、最高出力150PS(110kW)、最大トルク320Nmの数値も同じ。

新型GLBの2列目、3列目シート

また、「GLB 250 4MATIC スホーツ」には2.0L直列4気筒ガソリンターホ「M260」型が積まれ、こちらは最高出力224PS(165kW)、最大トルク350Nmというアウトプットになっています。なお、4WDは新型GLAと同じシステムで、ドライブモードにより前後トルク配分が変わります。「ECO/コンフォート」ては「80:20」、「スホーツ」ては「70:30」になり、悪路走行時には、四輪駆動クラッチかセンターデフのように作動し、基本トルク配分は「50:50」になるそう。なお、GLBの最低地上高は、新型GLAと同様200mmとなっていて、悪路や街中での段差でも安心して走破できるはず。

日本仕様は2列5人乗りではなく、3列7人乗りが導入されている

気になるのは3列シートの広さとアレンジでしょう。セカンドシートはGLAと同じく140mmのスライドか可能(6:4分割式スライド)。

メルセデス・ベンツGLBのサードシート

また、ハックレストは8段階で角度調整かできます。サードシートは、2列目シートのハックレストにあるロック解除レハーを操作することて、2列目シートか前に倒れてスライトし、ワンタッチて乗り降りできます。また、3列目シートを使わない場合は、すっかりと格納できます。

メルセデス・ベンツGLBのラゲッジスペース。2列目、3列目を倒せば広大な積載スペースが出現する

そのほか、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」やテレマティクスサービス、先進安全装備も標準化されていて、最新のメルセデス・ベンツモデルに相応しい充実機能が享受できます。

3列シートまで使うと荷室奥行きがミニマムになるのは仕方ないところ。3列目を格納すれば実用性は高そう

価格は「GLB 200 d」が512万円、「GLB 250 4MATIC スホーツ」が696万円です。新型メルセデス・ベンツGLBは、ミニバンはスタイリング的に好みではないけれど、イザという時に7人乗れる3列シート車が欲しいというニーズを満たすSUVとして日本に導入されます。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ