コディアック RS改良型は初のPHEVひっさげ、ニュル最速7シーターSUVを保持へ

コラム Clicccar

VWグループであり、チェコを拠点とするシュコダのクロスオーバーSUV「コディアック」に設定される最強グレード、「コディアック RS」の改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

シュコダ コディアックRS 市販型プロトタイプ

ベースとなる「コディアック」は、VWの「MQB」アーキテクチャを採用し、2016年のジュネーブモーターショーでデビュー。「RS」は2018年に設定されました。

現行型ではニュルブルクリンクで9分29秒84を記録、「ニュル最速7シーターSUV」の称号を獲得しています。

シュコダ コディアックRS 市販型プロトタイプ

オーストリアで捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュ。ハロゲンヘッドライトが埋め込まれていますが、市販型ではグラフィックを変更するとともに、「オクタビア」第4世代から流用される最新のLEDマトリクスヘッドライトへ変更されるはずです。

また、フロントバンパーのコーナーエアインテークも隠されていますが、市販型では追加されるほか、テールライトのグラフィックも今後リフレッシュされることが濃厚です。

キャビン内では、最新のインフォテイメント・ディスプレイを装備、ボタンやスイッチ類が刷新されます。

シュコダ コディアックRS 市販型プロトタイプ

パワーユニットも一新され、最高出力200psを発揮するVWグループの2.0TDI Evoディーゼルユニットが追加されるほか、VW「パサートGTE」から流用されるプラグインハイブリッドが設定されます。

これは直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」に最高出力115hpの電気モーターを組み合わせ、システム合計で218hpを発揮、6速デュアルクラッチ「DSG」と13kWhバッテリーパックが組み合わされます。EV走行では航続50km以上が期待できそうです。

コディアックRSの改良型のワールドプレミアは、今年2020年後半と予想されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ