SUBARU WRX S4の500台限定車「WRX S4 STI Sport♯(シャープ)」は、なぜ発表時に完売だったのか?

コラム Clicccar

SUBARUのWRX S4に設定された限定500台の特別仕様車「WRX S4 STI Sport♯(シャープ)」は先行予約で完売となり、発表時点で購入できない状態になっています。先行予約後に、メーカーから正式に「発表」されたものの、実際の販売現場では、先行予約開始時点で事実上の発表ともいえますし、もちろん、オーダー(先行予約)できる状態でした。発表前の先行予約期間中に売り切れてしまったわけです。

同モデルあるいはSUBARUに限らず、輸入車も含めて大人気の限定車は、発売前(先行予約)か発売と同時、あるいは数時間・数日で売り切れてしまうことがあります。

なぜ、少なくとも数百万円はするクルマが即完売となってしまうのでしょうか。

2020年7月6日に一部改良を受けたSUBARU WRX S4

まず考えられるのは、非常に人気があり、しかも台数が少ないこと。さらに人気モデルであることに加えて「ファイナルエディション」「最終仕様」などのフレーズにファンは弱い……のかもしれません。

そして残念ながら、投機目的(転売)でオーダーされるケースもありそうです。実際、中古市場を見ていると、ほとんど走行距離がない状態で高額販売されている車種は少なくありません。

特別仕様車「WRX S4 STI Sport♯(シャープ)」の場合は500台と比較的販売台数が多く、投機目的(転売)でオーダーした人がいるのかはわかりません。それは今後登録が進み、「WRX S4 STI Sport♯(シャープ)」が中古車市場に高額、しかもほぼ走行なしで出回るようであれば、投機目的(転売)のケースもあったと考えられるかも。

あるいは転売目的よりも充実の装備内容が支持された、と考えるのが自然かもしれません。それほどスバリストと呼ばれるファンの熱量は高そうです。

同限定車には、エクステリアでは、STI製大型フロントアンダースポイラー、18インチ×8 1/2Jアルミホイール(ブラック塗装)、専用フロントグリル(ダークグレーシリカ塗装)、リヤバンパー(エアアウトレットグリル付)、専用ボディカラーの「セラミックホワイト」が用意されています。

SUBARU WRX S4のリヤビュー

インテリアも豪華そのもので、RECAROフロントシートやウルトラスエード巻ステアリングホイール(シルバーステッチ、STIロゴ入りハイグロスブラックベゼル)、本革巻シフトレバーなどを用意。

極めつけは走りに関する装備で、STI製のフレキシブルタワーバーフロント、フレキシブルドロースティフナーフロント、STI製フレキシブルドロースティフナーリヤ(STIロゴ付)&ガードバー、低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリヤなどが盛り込まれています。

こうした豪華装備を約57万円プラスで手に入るとなると、WRX S4の年間販売台数は分かりませんが、1年分の台数がまかなえそうな印象も受けます。

※上記写真には異なる仕様も含まれています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ