トヨタ・カローラ クロスを世界初公開!世界戦略のコンパクトSUVをタイで発表!!

コラム Clicccar

Bセグメントの新型ヤリスクロスに続き、2020年7月9日、Cセグメントの新型カローラ クロスが世界初公開されました。この新型SUVは、タイで同日に発表、発売されたモデルで、ボディサイズは全長4460×全幅1825×全高1620mm、ホイールベースは2640mmとアナウンスされています。

2020年7月9日にタイで発表、発売された新型カローラ クロス

プラットフォームは「TNGA(GA-C)」で、カローラはもちろん、プリウス、C-HRなどと同じ。なお、日本向けのカローラシリーズ(セダン/ツーリング)は、全幅を抑えたナロー仕様になっています。

新型カローラ クロスのサイドパネル。外板パネルの質感、仕上がりも高そうだ

つまり、2640mmのホイールベースは、C-HRと同値。また、C-HRは、全長4385〜4390×全幅1795×全高1550mm(日本仕様)というサイズから、C-HRは日本市場向けに駐車や取り回しに配慮し、サイズが決定されたことが分かります。

新型カローラ クロスのリヤビュー

一方の新型カローラ クロスは、C-HRと同じホイールベースながらも全長は70mm長く、全幅は30mmワイドで、全高も70mm高くなっています。つまり、トヨタは、タイをはじめとして順次導入する国を増やしていく、と表明していますから、導入国のニーズに合わせたディメンションとなっていくと思われます。

広々としたキャビンや乗降性の良さとクラストップレベルの荷室を用意し、ユーティリティ重視のパッケージング、デザインであることも写真からも伝わってきます。このあたりは、デザインコンシャスでパーソナル感を演出したC-HRとは異なる部分、差別化できているとも言えますね。

新型カローラ クロスのインパネ

さらにトヨタは、カローラ クロスについて、「COROLLA MEETS SUV」をキーワードに、ユーザーの期待を超える「車格感(力強さを感じさせる外観)」+「ユーティリティ(使い勝手の良さ)」の両立を目指し開発したとしています。荷室容量はクラストップレベルの487L/440Lとアナウンスされています。

新型カローラ クロスのキャビン

採用されたTNGA(GA-C)プラットフォームを使うことで、上質な走りや快適な乗り心地、高い静粛性を実現したそうで、これらはカローラシリーズなどの走りっぷりからしても想像できます。

新型カローラ クロスのメーターパネル

なお、サスペンションは新型トーションビームサスペンションが採用され、大型で柔らかいブッシュを使い、安定したフラットな走りを得たそう。さらに、SUVらしい高いアイポイントによりブラインドスポットを低減し、広い視界を実現し、クラストップレベルの最小回転半径である5.2mによる取り回しの良さも特徴。

新型カローラ クロスのサイドビュー

安全装備は、「Toyota Safety Sense 」などカローラシリーズと同様の安全装備を設定。「Toyota Safety Sense 」は、タイ仕様ハイブリッドHighグレードに標準装備されます。さらに、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート(タイ仕様ハイブリッドHigh/Midグレードに搭載)。

新型カローラ クロスのラゲッジスペース

パワートレーンは、1.8Lガソリン、1.8Lのハイブリッドを設定し、NEDCモード燃費は、ハイブリッドモデルが98g/km、4.3L/100km、ガソリンモデルは150g/km、6.5L/100km(タイ仕様)と公表されています。

新型カローラ クロスのリヤコンビランプ

カローラ クロスの日本での発売の有無など詳細は明らかにされていません。C-HRとRAV4やハリアーの間をさらに埋めそうな車格ではあり、導入されればかなりのニーズがありそうです。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ