【インプレ'07】下野康史 マツダ『デミオ』小粋なフレンチコンパクト

[マツダ]

開発段階から軽量設計にこだわり、その結果、1.5リッター車まで車重1トン以下に収めたのが大きな勝因。白ナンバーでもっとも安い重量税、低燃費モデル限定にとどまらないクラストップの実用燃費といった、現世御利益だけでなく、運転の楽しさも車重の軽さから生まれている。

街なかのお使いでも、ハイウェイクルーズでも、しなやかな軽い走りが楽しい。フランス車の猫足をさらにダイエットしたような足まわりが最大の美点。ユーザーの間口の広さは『ヴィッツ』にかなわないだろうが、クルマ好きなら間違いなくハマる。ボクなんか、5メートル走っただけで、ホレた。

1.3リッター車の普通のモデルにもMTをフィーチャーしているのはさすがマツダ。その5速MTは『ロードスター』の6速MTよりタッチにすぐれる。

個人的ベストバイは1.3リッターのMTだが、ATモデルや1.3ミラーサイクル+CVTでも走りの爽やかさは変わらない。価格を考慮すると、世界最良のコンパクトカー、といいたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


下野康史| モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ