【インプレ'07】木下隆之 メルセデスベンツ『Cクラス』 現代に進化したメルセデス流儀

[メルセデス・ベンツ]

いやはや、いかにも近代メルセデス的な味わいのあるクルマである。コクピットに腰をおろした瞬間にすでに、頼もしさと落ち着きを意識させられるのだが、走り出すとさらにその感覚に磨きがかかり、多くのユーザーに満足感を与えるのだろうと思わせられる。

車格は、先代の『Cクラス』を大きく上回る。少なくとも印象的には『Eクラス』に迫ったといっていい。ボディ剛性感は、緩く感じたのにはガッカリさせられたが、ダンパーの精度、ジオメトリー、セッティングバランスのどれもが整っているのである。

ハンドリングは、適度にシャープである。メルセデスらしく、ロールを追い込んでもノーズからアウトにはらみ出すことは少ない。それでいて安定感が際立っているのが特徴だ。

スポーティでいて、軽々しくはない。軽快なフットワークと、伝統の安定感が見事に融合している。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ