【インプレ'08】河村康彦 トヨタ『イスト』2代目は上級志向

[トヨタ]

“フェンダーオリエンテッド”のデザインには従来型との共通イメージが感じられるものの、ボディサイズも価格も、今度はずいぶんと“上級移行”。それは、あくまでも国内市場のために開発されていた従来型に対し、今度のモデルはアメリカ市場へと軸足を置いたがゆえ。

いっぽうで、『ヴィッツ』がベースのシャシーにむりやり(?)大径のシューズを履かせたこのモデルの走りのテイストは、決して上級になったとは感心できないもの。

走り出しの瞬間から路面の凹凸を拾ってヒョコヒョコした動きが連続するし、ロードノイズが大きめでバネ下の動きも少々重々しいのが残念。

いずれにしても、快適性全般が大いに物足りないのは新型のウイークポイント。このところのこのクラスのトヨタ車には、ちょっとばかりの“粗製濫造”感がともなうといったら、それはいい過ぎか。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ