【インプレ'08】河村康彦 シトロエン『C4ピカソ』幸福感をもたらす乗り物

[シトロエン]

ドライバーズシートに腰を降ろした瞬間思わず頬が緩んでしまうのは、前方視界の広がり感がこれまでに1度たりとも経験をしたことのない、まさしく“唯一無二”のものであるがゆえ。

まるで「透明カプセル」の先端から窓の外を覗いたかのような感覚は、まずはこのクルマならではの大きな売り物。

空調のコントロール系を両端へと追いやり、いわゆるセンターパネルを配したダッシュボードのデザインや、前席独立タイプというシートレイアウトも斬新そのもの。

全モデルを2ペダル化したことで無骨なATセレクターを廃し、それをステアリングコラムと同心の細く華奢なレバーに置き換えたのもすこぶるユニーク。

リアにエアサスを用いた走りは基本的にしなやかながら、大入力を受けるとドタバタ感が急に顔を見せるのは残念。が、ゲストをもてなすだけでなく、ドライバーにも大きな“ハッピー”をもらたすという点では、内外のミニバンを見回してもブッチギリのナンバー1!


■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ