【インプレ'08】松下宏 三菱『ランサーエボリューションX』進化の幅が実感できる

[三菱]

プラットフォームから新しくなり、特別仕様車ではなく標準設定のモデルなった『ランエボX』で注目されるのは、何といっても「ツインクラッチSST」だ。2ペダルで乗れるので、誰にでも容易にエボXの性能を引き出して走ることができる。

「Sスポーツモード」を選択すると、加速時には車速に合わせて小気味よくシフトアップしていくし、逆に減速するときには軽くブリッピングを入れながら回転を合わせてシフトダウンしていく。シフトレバーやパドルを使ってシフト操作することももちろん可能だが、ドライバーが余分な操作をせずにSSTに任せているだけでもじゅうぶんに楽しく走れるのだ。

エンジンの動力性能は207kW(280ps)で従来と変わらないが、じゅうぶんすぎるくらいにパワフルなのはいうまでもない。その高性能が扱いやすくなった点が注目されるところだ。

ほかにも進化した「スーパーAWC」による操縦安定性に優れた走りなど、進化の幅の大きさが注目される1台である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ