【インプレ'08】河村康彦 トヨタ『ノア/ヴォクシー』ミニバン界のトレンドセッターなるも…

[トヨタ]

今や“日本のベストセラーカー”のひとつでもあるだけに、モデルチェンジの内容はなかなか気合いの入ったもの。トヨタ初の可変バルブタイミング&リフト技術採用エンジンを「ミニバンから先に搭載」するなど、ひと昔前ならば考えられなかったハナシ。

そうした甲斐もあってか静粛性や乗り味のしなやかさは従来型よりもグンとアップしたいっぽう、横風に対する耐性の低さなどは、サイド面が垂直に近いという“5ナンバーサイズ”にこだったプロフィールの制約を感じさせられる部分。

先の新技術を用いないベーシックエンジン車でも基本的な加速力は「必要にしてまずじゅうぶん」と思えるが、いずれにせよこの種のクルマは乗車人員の違いによって加速力が大きく変わってくる点に要注意。

それにしても、背後と頭上に広大な空間を残しつつステアリングを握ることになるこのモデルのドライバーは、やはり『運転手』以外の何者でもない感否めず。運転好きにとってはまさに“圏外”の存在。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ