【インプレ'08】松下宏 スバル『インプレッサ』秀逸な乗り心地なるも…

[スバル]

後輪にダブルウイッシュボーン式のサスペンションを採用した「SIシャシー」と呼ぶ新しいシャシーによって、優れた操縦安定性を確保しながら乗り心地にも優れたクルマに仕上げている。

搭載エンジンによって味付けの違いはあるが、シャシー性能に関していえば、完全にひとクラス上の仕様になった印象があるのが今回の『インプレッサ』である。

搭載エンジンは基本的に従来と同じだし、ATが4速ATというのも今どきのクルマとしてはちょっと古い。『レガシィ』の「SIドライブ」と同様に、燃費のよい走り(エコモード)とスポーティな走り(スポーツモード)を自在にコントロールできる仕様とされている点では進歩しているが、ほかのメーカーでは5速から6速が当たり前の時代になっている。

後席中央の3点式シートベルトが輸出仕様には標準なのに、日本仕様では標準
でないのは気に入らない。オプション設定が複雑で選択の自由度が低いのも不満な点だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ