【インプレ'08】松下宏 トヨタ『プレミオ/アリオン』5ナンバー枠を死守したつくり

[トヨタ]

トヨタ車も含めて多くの車種がボディをワイド化して3ナンバー車になっていくなかで、あえて5ナンバー枠を守ったクルマ作りをした点は評価できる。豊富な車種ラインナップを持つトヨタならではの設定だ。

搭載エンジンは1.5リッターと1.8リッターで「スーパーCVT-i」と組み合わされており、このパワートレーンは『カローラ』など多くの車種に搭載されているのと同じもの。『プレミオ/アリオン』では軽めのボディによって1.5リッター車でもけっこうよく走る印象だ。

足まわりはこれまでのモデルに比べるとかなり硬めになった印象。これくらいの味付けのほうが好ましいと思うが、従来からのユーザーの中には違和感を感じる人がいるかも知れない。

1.5リッターにも1.8リッターにも横滑り防止装置のVSCの設定がないのは不満。欧米ではほとんどの車種が標準装備化を進めており、日本だけが立ち遅れている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ