【インプレ'08】河村康彦 三菱『ギャランフォルティス』伝統の名を標榜するには…

[三菱]

「ターボ付きが“ランエボ”を名乗るならば、やっぱりこっちは『ランサー』じゃん!」という思いは、ドアハンドルを引いた際にも募るもの。ロックのリリースとともに響く安っぽい金属音やドア開閉時の妙な軽さ感などが、“新しいギャラン”と納得するためにはいかにも質感不足であるがゆえ。

インテリア全般の質感はまずまずであるものの、メーターリングの安っぽい光沢や自立式ではないリアシートベルトのバックルなどにも、新型ギャランとしては納得し難いチープさが薄っすらと漂う。

ステアリング・コラムにリーチ調整機構が備わらないのも、今の時代の国際車としては物足りない。

いっぽうで、しなやかなフットワークなど走りの質感は最新セダンとして納得。ただし、パーキングスピードで過大なステアリングの重さは改善して欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ