【インプレ'08】松下宏 マツダ『デミオ』大英断の軽量化

[マツダ]

今回の『デミオ』はボディをコンパクト化すると同時に100kgもの軽量化を図っている。

世界中のほとんどすべてのクルマが、モデルチェンジを重ねるたびに大きく重くなっていることを思うと、今回のデミオは大英断といってもよい。その軽さは全体的な走りの軽快感につながっている。

従来のモデルがキビキビ走る印象が強かったのに対し、今回のデミオは乗り心地のよさや滑らかなステアリングフィールなど、穏やかなフィールを感じさせるものになった。静粛性も上々で、ひとクラス上のクルマに乗っているような感じになる。

新型デミオにはミラーサイクルエンジンとCVTの組み合わせが採用され、1リッター当たり23kmの低燃費を実現した。『フィット』に及ばないが、好燃費であるのは確か。

残念なのは後席中央の3点式シートベルトとヘッドレスが省略されているのに加え、横滑り防止装置がオプション設定もないこと。安全は最優先して欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ