【インプレ'08】松下宏 トヨタ『イスト』背伸びしたパッケージング

[トヨタ]

2007年に登場したクルマの中でもっともデキの悪いクルマを挙げろといわれたら、迷わず『イスト』を挙げる。どうにもこうにも長所を見つけるのが難しい。

アメリカばかりを向いて作られたために不必要なワイドボディ車になっていて、しかもシートが中央寄りに配置されたパッケージングのため、乗り降りするときにサイドシルに足が触れてズボンが汚れてしまう。これでは雨の日には乗れない。

ヴィッツ系のプラットフォームを使っているのに、SUV感覚を出そうとして不必要なサイズのタイヤを履いているから、乗り心地はゴツゴツしていて最悪のレベル。

このクルマから全車にSRSサイド&カーテンエアバッグを装着することにしたが、その車種で後席中央の3点式シートベルトとヘッドレストが装備されないのでは、安全をまともに考えていないと馬脚を現しているのに等しい。おまけに価格も高いので、誰にも勧められない。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ