【インプレ'08】河村康彦 スバル『インプレッサ』ひとクラス上のクルマ

[スバル]

ハッチバックデザインとなり顔つきも「スバル車らしくなくなった」ことで、これまでの“スバリスト”(スバルファン)には大いなる戸惑いを与えそうな新型『インプレッサ』。

が、走り出してみればその上質なフットワークのテイストは兄貴分である『レガシィ』以上。思い切ったロングホイールベース化や一新されたリアサスが大きな効果を表しているのを実感できる。

後席足もと空間がグンと拡大されたので、フル4シーターモデルとしての適性も向上。すなわち、「VWやオペル、プジョーの欧州各車などとも対等に戦えるキャラクターを目指した」というスバルの発言は、確かに納得できるもの。

いっぽうで、そうした“激戦区”に自ら身を投げたことで、ライバルとのより熾烈な戦いはもはや避けられない事柄。決して大メーカーとはいえない富士重工が、そうした半ば体力勝負の世界に飛び込んだのは、それはそれでちょっと心配……。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ