【インプレ'08】松下宏 日産『エクストレイル』内容の濃いMクラスSUV

[日産]

ボディが大きくなってしまったのはやや残念だが、SUVとして見ると全体によくできたクルマだと思う。

特設オフロードコースでも走らせたが、用意されたさまざまなセクションをこなすことで、『エクストレイル』の持つ基本性能の高さ、走破性の高さがしっかり確認できた。

上り坂で効果を発揮するヒルスタートアシストや急な下り坂で有効なヒルデセントコントロールなど、最新のSUVに求められる機能もしっかり装備されている。冬の雪道はもちろん、ときには本気でオフロードに持ち出そうという人に適したクルマといえる。

搭載エンジンは2リッターと2.5リッターが用意されていてCVTと組み合わされるが、一般道での走りを考えたら2リッターエンジンでじゅうぶんという印象。欧州製のダンパーによる乗り心地のよさも長所だ。

ただ、欧州向けにはあるのに国内向けには後席中央に3点式シートベルトやヘッドレストが装備されないのは気に入らない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ