【インプレ'08】松下宏 日産『デュアリス』欧州基準のクルマづくり

[日産]

単なるSUVではなくSUVとハッチバック車のクロスオーバーモデルとのことだが、後から登場した『エクストレイル』との売り分けがどれくらいうまくいくかが注目される。英国からの輸入から九州工場での生産に切り換えられたことで、売れ行きにも変化が出るかどうか。

トルク重視のチューニングが施された「MR20DE」型エンジンとエクストロニックCVT-M6との組み合わせで、スムーズな走りが実現されている。CVTにありがちな違和感はほぼ解消され、走りのフィールはまずまず。

ザックス社との共同開発によるショックアブソーバーを採用した効果もあって、軽快感のある走りのフィールを実現している。これはとくによくできた部分といえる。

ただ、後席中央の3点式シートベルトやヘッドレスト、それに横滑り防止装置のVDCがオプション設定というのは気に入らない。たとえばドイツでは標準装備にして販売しているのだから、日本でも標準装備が当然だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ