【インプレ'08】松下宏 トヨタ『ノア/ヴォクシー』個性的な最上級モデル

[トヨタ]

2リッターの標準エンジンを搭載したモデルの走りはあまりにも平凡。これといって不満があるわけではないが、魅力的に思える部分もほとんどない。

強いていえばCVTの滑らかさが長所といえる部分だが、それも際立った特徴というほどではない。むしろ柔らかすぎる足まわりが気になった点で、乗り心地は悪くないにしてもコーナーでのロールは大きめで、安定感に欠ける印象があった。

またロードノイズやアクセルを踏み込んだときの機械音、高速域での風切り音など、騒音レベルは全体に高めの印象だった。

最上級グレードに搭載されるバルブマチック仕様のエンジンはシーケンシャルモード付きのCVTと組み合わされており、走りのフィールも格段によくなる。力強くスポーティな走りに加え、しっかりした感じの足まわりや静粛性など、いろいろな面で標準エンジンの搭載車との違いがあった。買うなら最上級グレードがお勧めだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ