【試乗記】スバル フォレスター…河村康彦

[スバル]

ステーションワゴン風味の強いクロスオーバーモデルから、より本格的なSUVデザインへの変貌ぶりに「どうして今さら…」と戸惑ってしまう気持ちが半分。

それでも、ライバル各車のように完全に軸足を海外市場へと移すのではなく、サイズ面でも小まわり性面でも何とか日本でも扱いやすいレベルをキープ。

従来型比で100kg以上重く、20cm以上高く……と、そんな“SUV化”を果たしたゆえに、走りの軽快感では格別の進歩は見られず。

いっぽうで、『インプレッサ』譲りの最新設計リアサスペションを採用したフットワークのテイストはこの手のクルマの中でもしなやか感が強く、10cm近くも広くなった後席レッグスペースと相まって「乗る人すべてが快適に過ごせる」ようになったのは大きな成果。

ターボ付きが力強いのは当然として、レギュラーガソリン仕様となった自然吸気DOHC仕様がなかなかのオススメ。ただしATが4速なのが何とも残念。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ