【試乗記】日産 GT-R…松田秀士

[日産]

ポルシェ『911ターボ』と比較すると圧倒的にコーナーリングスピードが高い。リヤに重いトランスミッションを配置したトランスアクスルにしたことで、前後のアクティブな荷重バランスが取れていてコーナーへの進入の速度が高いのだ。

911ターボで同じようにコーナーに進入すると、ブレーキの使い方によってアンダーステアになったりオーバーステアになったりする。つまり、ポルシェはドライバーの操作次第でバラエティな操縦性を持っているといえるだろう。

それに対して日産『GT-R』はどのような操作にもほぼ同じ操縦性を示す。つまり、あまり乗り手を選ばないところがある。マルチ・パフォーマンス・スーパーカーという目的は的確に達成しているといえる。

ただ、スーパーカーとしてスポーツカーとして考えたとき、どちらがクルマとして面白いと感じるかは人それぞれだ。GT-Rの面白さは、誰にでもレーシングカーのパフォーマンスが実体験できる。そこがポイントだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松田秀士|モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ