【試乗記】スバル インプレッサWRX STI…熊倉重春

[スバル]

最強のライバル三菱『ランエボX』と比較すると、実質的な速さはほとんど互角。しかし、そこに到達するアプローチが正反対なのがおもしろい。楽器にたとえれば、あらゆる電子制御を駆使したランエボXは最新鋭のシンセサイザー、対する『インプレッサ』STIはアコースティックな響きで演奏者を喜ばせる。

308psを誇る水平対向4気筒ターボは先代よりトルクバンドが広くなり、低回転からググ?ッと強力なパンチを繰り出す。

最大の注目点は足まわりで、とくに新設計のダブルウイッシュボーン方式になったリアサスペンションが光る。これが粘り強く路面をつかみ、それに負けずフロントもしっかり食いつくため、本当にドライバーの気持ちのままに攻めることができる。

後部オーバーハングが短いハッチバックの効用で、強引に攻めてもテールの重さを感じさせず軽快に振り回せる。ガガッと張り出したオーバーフェンダーなど、直接WRCを連想させるスタイリングも嬉しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ