【試乗記】スバル インプレッサWRX STI…松田秀士

[スバル]

ボディが堅剛で、路面からのショックの入力に対してボディ共振が小さい。つまり、室内が静かで居心地がいい。この出来のよいボディを得たことで、旧型よりもソフトなサスペンションに設定してもタイヤの性能を使い切れる。

コーナーリングでのロールは大きめで、サスペンションストロークもじゅうぶんにある。ただし、ロールが大きくともロールスピードが速すぎず、スタビリティ(安定性)が高いので恐怖を抱くことはない。

このサスペンションは直進状態でもコーナーリングにあっても、路面の凹凸にとてもよく追従するので、路面状況に影響されず正確なライントレース性を持っている。

基本的な操縦性はアンダーステアだが、センターデフの前後配分をコントロールするDCCDのオートモードに新たに+とーが設定され3種類のオートモードが選べるようになった。これが、ハンドリングのアンダー特性に絶妙なメリハリをつけてくれる。

コストパフォーマンスを考えたときに、これだけの走りと快適性を両立したクルマは他にないだろう。欠点が見つけられない珍しいクルマだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


松田秀士|モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ