【試乗記】マツダ アテンザ…松田秀士

[マツダ]

セダン/スポーツ/スポーツワゴンの3モデルからなるマツダ『アテンザ』だが、どのモデルも素晴らしいデザインだ。マツダのデザイン・テイストにはある種の感動を覚える。

このなかで、走りに特化して感銘を受けたのは5ドアハッチのスポーツ。乗り始めて、まずハンドリングの軽快さが脳裏に残った。それも、アッパーMクラスボディなのに、コンパクトレンジの『デミオ』に通じる軽快感だ。

エンジンは、2リッターと2.5リッターの2本立て。両エンジンともにマツダのパワーユニットらしいメカニカルノイズを感じるが、それもスポーティな演出にひと役買っている。やはり、2.5リッターエンジンのほうがトルクが厚く使いやすいが、2リッターでも苦になるレベルではない。

コーナーリングは軽快。回頭性が高いアジリティ重視のセットアップだが、かといってリアタイヤのグリップレベルを落としておらず、感じる以上にリヤがしっかりとグリップしていた。このあたりは、旧型のアジリティはそのままにリヤのスタビリティを上げている感じだ。

スポーツワゴンは重量増のぶんだけ、安定方向のハンドリング。ワゴンというキャラクターとしては的を射た味付けだと感じられるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


松田秀士|モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ