【トヨタ iQ プロト試乗】開発陣の苦労の大きさを理解するのは難しい…岡本幸一郎

[トヨタ]
  • original
  • original

写真をすべて見る[全3枚]

もっと『スマート』のようなコミューターをイメージしていたが、意外なほど一人前のクルマとしての機能をちゃんと満たしていた。
 
iQはトヨタにとっても、ユーティリティやドライバビリティを、極力小さいサイズの中で成立させるというスタディモデルでもあるはず。それを達成するがために、開発陣がハンパじゃない努力をしたこともわかったし、実は外から見えないところにこそ、このクルマのすごさがあることもわかった。今回、目で見て、走ってみても、概ねそつなく仕上がっていることは確認できた。

しかし、ユーザーの目にどう映るかというと、その苦労の大きさを理解するのは難しいのでは? と思う。そもそもボディが小さいことが生み出す価値を“実感”するのは難しいし、走りや居住性についても、少し大きな『ヴィッツ』や『パッソ』ではもっと不満なくできていて当たり前だし……。

また、このクルマの購入を検討する人は複数所有が圧倒的に多いはず。であればなおのこと、もっとわかりやすい訴求点がないと、なかなか目を向けてもらえないのでは? それは、奇抜なデザインでも、圧倒的な質感でも、他にないパワートレインでも何でもいい。もっと“実感”できる部分で、このクルマを「欲しい!」と思わせるものを望みたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★
オススメ度:★★★


岡本幸一郎|モータージャーナリスト
ビデオマガジン「ベストモータリング」の制作、自動車専門誌の記者を経てフリーランスに転身。新車から中古車、カスタマイズ事情からモータースポーツ、軽自動車から輸入高級車まで、幅広い守備範囲を誇る。「プロのクルマ好き!」を自負し、常にユーザー目線に立った執筆を心がけている。

  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ