【トヨタ iQ プロト試乗】プリウス以来の傑物…山口京一

[トヨタ]
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全5枚]

プリウス以来の傑物。内燃機関のみで、ハイブリッドと互角、あるいは以上の効率達成は今後のトヨタのみならず、自動車造りに大きな影響を与えると思う。

“i”はインテリジェントだろうが、知能指数IQの大文字が相応しい。

自然光の下で見る走る姿は、個性、存在感充分で、『頭がよく見える』種のクルマ。ひとつ、ふたつ、スカーッとしたエクステリアカラーが欲しかったね。

寸法は、原型『Mini』(BMWでない)と同じ。古今東西の偉大なる発想と理念の共通だ。身長185cmのチーフエンジニア氏が3人収まり、キビシい衝突基準をクリアするパッケージはすごい。

視覚的品質感がありかつ軽量材料の使い方うまいインテリアだ。

パワーソースは、ご時世最適でまず登場。この3気筒エンジン、日本じゃ『ヴィッツ』やダイハツ車のベース用と思われがちだが、ヨーロッパでは同型車でディーゼル燃費を脅かす優れもの。さらに音、振動対策による洗練も評価する。

今回の試乗は、コース表示速度厳守、タイアを鳴らさないよい子(オヤジ)型ドライビングで、滑らかな路面と快適気温ドライ条件だったが、直感的にBセグ中でも優れていると思う。安定制御システムVSCの標準装備はエライ。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★★(6やりたい)
インテリア/居住性:★★★☆(人数分)
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
おすすめ度:★★★★★(次のアッパーモデルが出るまでの期間限定点)
※☆は0.5

山口京一|モータージャーナリスト
1960年代から自動車ライターとして、『CAR GRAPHIC』、『モーターファン』、英『モーター』、米『ロード&トラック』、豪『ホイールズ』誌などに寄稿。80年代に自動車技術者協会(Society of Automobile Engineers International - SAE)機関誌『Automobile Engineering International』アジア担当エディターとなり、現在同誌および日本の専門誌に寄稿している。これまで5冊の英語の著書があり、最近では『マツダ RX-8?比類なきスポーツカー&マツダロータリーエンジンの系譜?』。

  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ