【プジョー 308SW 試乗】重量増がいい感じ…家村浩明

[プジョー]
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全3枚]

プジョー『207』に「SW」が追加されたときに気づいたのだが、シリーズ中でSWはこういう位置づけにするというプジョーの狙いが見えてきた。そしてそれは、この『308SW』で、さらに巧みに適用され、SWとしてのIDがはっきりしたのではないか。

ワゴンタイプに対して、歴史のある自動車用語である「ブレーク」を用いない。その結果、たとえば3列シートといった設定も自由で、どんな応用や展開も可能になる。

そしてもうひとつは、意図ではなくて結果なのかもしれないのだが、“SW化”による重量増によって、乗り心地が明らかに変わること。重さがメリットになっているというか、SWは、シリーズ中の他仕様とは異なる、いい感じにゆったりとして、大らかさもたたえた乗り味に仕上がるのだ(207系でも同様)。

『205』の頃の乗り心地と走行フィールが近年のプジョーには少なくなった……、というお嘆きを持つ方々には、ちょっとこの「SW系」にチェックを入れてみてほしいと提案する。

家村浩明|ライター
雑誌編集者を経て、1985年頃よりフリーランスで執筆活動を開始。時代を映す「鏡」としてのクルマに関心を持ち、歴史的考察や新型車の批評のほか、開発ドキュメントやモータースポーツを執筆テーマとしている。著書に『自動車コラム大全』、『ル・マンへ…レーシングNSXの挑戦』、『最速GT-R物語』、『プリウスという夢』など。

  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ