【VW ティグアン 試乗】デブ化傾向まっしぐら…岩貞るみこ

[フォルクスワーゲン]
  • reproducible
  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全6枚]

VW『ティグアン』、横幅1800mm越えの、どこがコンパクトなのよと言いたいけれど、日本のSUVも北米ユーザー重視のデブ化傾向まっしぐら。まあ、このクラスはだれも日本人のことなんて思っちゃいなくってよ。

ただ、この戦略的な価格設定は十分に魅力的。そしてデザインも目つきがね、VWにしてはかなりがんばったし可愛いと思います。

さらに、VWらしさといえば、そのボディ剛性でしょう。いえ、つぶれるとかつぶれないとかじゃなくて。乗ったときの振動とかが違うって話です。路面の細かな段差を上手にいなして、しかもそれをぴたっと抑える。サスペンションもいいけれど、そういう振動を車内に伝えない技術というのは、VWはずば抜けていますね。ボディ剛性がいいと、こういうところにしっかりと現れるわけです。

カラダにやさしいし、音の不快さもないから耳にもやさしい。長距離走ったら、疲労感はそうとう違います。そろそろ長距離が厳しい年齢に突入した私には、とっても好感がもてます。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

  • reproducible
  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ