【VWティグアン 試乗】このあたりにマジック…松田秀士

[フォルクスワーゲン]
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全6枚]

伊豆にあるモビリティパークでオフロードの実力も試してみたので、SUVとしての実力もきちんと持ち合わせている。

ドライブし始めて感じるのは、コンパクトであること。右ハンドルでの左端の見切りが良く、狭い道での対向車とのすれ違いに自信が持てる。走行中の室内も静かだ。オンロードのコーナーリングでは、ステアリングを切り始めた瞬間にスッとロールが始まる。が、すぐにしっかりと腰のあるサスペンションのフィーリングに変わり、少ないロールで旋回する。

足は締まっていて硬く感じるのに、乗り心地が良いのはこのあたりにマジックがあるようだ。『パサート』の「R36」に共通するサスペンションのキャラクターと感じた。乗り心地とスポーツ性がうまく両立している。ただ、初期のロールに戸惑う人もいるはずだ。

インテリアでは、ダッシュパネルのエアコン送風口が上下2段に分かれていて、それぞれ送風量をマニュアル調整できるダイヤルが設置されている。このクラスとしてはリーズナブルな価格でも、室内環境を重要視するクルマ作りに共感した。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

松田秀士|レーシングドライバー/モータージャーナリスト/僧侶
スローエイジングという独自の健康法で53歳の現役レーシングドライバー! スーパーGTをランボルギーニ・ガイヤルドで戦っている。INDY500など海外レース経験も豊富で、確かな知識と国際感覚でクルマの評価を行う。2008-2009日本カーオブザイヤー選考委員。

  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ