【VW ティグアン 試乗】トゥアレグよりもVWらしい…西川淳

[フォルクスワーゲン]
  • original
  • original
  • reproducible
  • original

写真をすべて見る[全5枚]

想像していたよりもSUVらしい押し出しがあって、これならシティユースで『トゥアレグ』が横に並んでもそれほど卑屈にならなくて済むだろうな、というのが第一印象だった。来年登場予定の200ps「スポーツ」ならさらに威張れそう。

こんなご時勢だから、せいぜいこれくらいのサイズを転がしている方がスマートというもので、それゆえ小さくてもチープに見えないカタチが嬉しい。ディテールの作り込みなど、最近のVWはホント巧い。VWにしては“遊び心”のあるインテリアにも好印象。もう少し質感が高ければ言うことなしなんだけど。

ドイツブランドのSUVは、セダンライクなテイストの走りが信条だ。それはコンパクトになっても同じで、このティグアンも背が高いことによる物理的なマイナス面をそれほど感じさせない。それでいて視線は高いから、運転しやすいこと! 特に中高速域でのクルージングが気持ちいい。

“真面目で安心”なVWのブランドイメージが、モダンスペシャリティの華たるSUVに重なり、しかも扱い易いサイズ、求め易い価格で登場した。でかいトゥアレグよりもVWらしいSUVだと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★


西川淳|自動車ライター
昭和40年生まれ、奈良県出身。スーパーカーをこよなく愛し、イタリア車に大いにはまりながらも、高性能ドイツ車を尊敬してやまず、新旧日本車もカワイクて仕方がない。三国同盟的浪花節クルマおたく。

  • original
  • original
  • reproducible
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ